日本人的・・・

4月のコンサートの予定。

5日、栃木市の宝蓮寺にて、
花まつりコンサート。 
(花まつりは、お釈迦さまの誕生を祝うお祭り)

18日、カトリック北浦和教会にて、
復活祭コンサート。 
(復活祭は、キリストが十字架につけられ3日目に蘇ったお祝い)

・・・お彼岸にはお墓参り、新年には初詣、クリスマスには教会・・・
っていう、典型的日本人的スケジュールですね。あはは・・・

先に天国に行っちゃったドイツのおばあちゃんが言ってた。
「どの宗教の人も、違う表現で一人の神様のことを言っているだけよ」
それって本当だった?おばあちゃん・・・

======

日本人的、といえば、昨日は柔術のお稽古。
「ぜんぜん技がかからない!」
そういう時に限って、指導助手の先生に見られてたり。
笑われてしまった。私も笑っちゃったけどね。
照れますよ~、思いっ切り失敗してるのを見られてるのは。
でも、みんなそうやって成長するんだっっ!!!
[PR]

by cembalonko | 2009-02-22 14:29 | 古武道 | Comments(2)

Commented at 2009-02-26 00:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cembalonko at 2009-02-26 08:52
この世を去る時に、その人の本当の人格が分かるものなのかも
しれませんね。辞世の句を読んでおくというのは、
たとえ、ヘンなことを口走って亡くなってしまっても、
公的には残らないようにしておく手段だったのかも?
その無神論者の先生の死生観はどんなんでしょうね???