今日はハイドンの命日

あるアマチュアオーケストラのコンサートへ。

ハイドンが命日に演奏して欲しい、と望んでいたといわれる
交響曲第44番「悲しみ」が演奏されました。
きっかり200年前の、まさにこの日に天に召されたハイドンを偲んで。

指揮は、去年、ヨーロッパ留学から帰国されたばかりの、小森康弘さん。
小森さんは、先週の金曜日に演奏会があった
武蔵野合唱団の合唱指揮者で、
「楽譜に忠実な演奏をなさる」と、団員mちゃん一押し。
実際に聴かせて頂いて、なるほど、と思った。
素直な音楽。透明なサウンド。
疾風怒濤なところがありつつも、「きれい」なハイドン。

アマチュアオケとは思えない弾きぷり吹きっぷりには、圧倒されました。
低弦はもう少し!惜しい!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、次回の講座が近づいてきました。
皆様、お誘いあわせの上、ぜひいらしてくださいませ!

10倍楽しくなる!
チェンバロ「バロック講座」

6月4日(木)10:30~12:00

第2回 教会の鐘に誘われて(カンタータ)
バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」、「目覚めよと呼ぶ声あり」  ほか
キリスト教は西洋音楽の生まれた原点でもあります。
バッハの有名な声楽曲をお楽しみください。

● 会場 タニタ楽器 北浦和東口センター(JR北浦和駅より徒歩3分)
● 受講料 2,500円
● お問い合わせ・お申し込み タニタ楽器浦和支店 Tel 048ー831ー0910
[PR]

by cembalonko | 2009-05-31 23:54 | 音楽 | Comments(3)

Commented at 2009-06-02 01:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mumbling-miau at 2009-06-02 12:32
mちゃんで~す(笑)
感じること、思うこと、一杯ありましたね。色んな演奏会を聴くのは勉強になります♪

あの後のカフェでの短い時間で、少し心の凝りが取れたかも(^_^)。
お話聞いてくださってありがと!またデートしましょうね~!
Commented by cembalonko at 2009-06-03 15:42
>非公開コメント様
事務局長ってすごいですね!
その「興行」の折には、ここに優秀な通奏低音奏者
(ちなみにハイドンは「天地創造」も「四季」も経験済み(^^)v)がいることを、
ちょっぴりお心にとめて置いて頂けたら嬉しいな~なんて思います。
(自分で言ってて恥ずかしいですが、売り込みしてみました♪)

>mちゃん
この間はありがとうございました!本当に、演奏会には
会場に足を運んだら、それだけの収穫がありますね。
いろいろ意見交換(文句つける、ともいう?)できる人と
一緒に行くと、楽しさも倍増!

ガス抜きは、誰でも必要だよね。今度またゆっくりね。