4時間30分バレエ三昧♪

友人のお嬢ちゃまが出演する
バレエの発表会に行ってきました~! (岸辺バレエスタジオ第22回発表会)

発表会とはいえ、侮るなかれ!
お子ちゃま方の踊りのレベルの高さには、正直驚きました!
さらに、振付&衣装&構成も、
「舞台構成で見せる」「子供たちそれぞれに見せ場を作る」ことが
考慮されていた気がして、
思いがけず(ごめんなさい!)、夢中になってしまいました。

さらに・・・
卒業生や賛助出演のダンサーによるコンテンポラリーや、
有名な白鳥の湖とドン・キホーテのパ・ド・ドゥ、
第3部と第4部は、なんと、ジゼル全曲!!!
5時間近い演目で、どんなに疲れるかと思っていたけれど、
あっという間に時間が経ってしまいました。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

開演したのは、午後5時。
第1部の4つの演目のうち、
1から3までは、クラス別による子供の群舞でした。
(応援してたMちゃん、にこやかに上手~に踊っていましたよ!)
4番目のプログラムが、キミホ・ハルバート氏振付のコンテンポラリー。
ブリューゲルの世界を彷彿とさせる舞台美術で、
クラシックバレエで鍛え上げられたダンサーたちが描き出す世界は、
身体表現の抽象画のようでした。(雰囲気はブリューゲルなんだけど)

第2部の初めのプログラムは、小3までのクラス。
んもー、出てきただけで可愛いわ~♪♪♪
2番目の演目・小4から小6?のクラスで、一人光っていた子がいました。
腕の使い方、体のポジションの決め方など、
一人だけ、浮いているくらい、違う子が。
あの才能は、天性のものではないかな~・・・これからが楽しみでしょうね。

第3部・第4部・・・ジゼルって、本当に名作です・・・
第2幕の美しさは、もう、感涙もの・・・でした。

終演後、今日のプリマMちゃんとそのご家族と、写真を撮って、
夜10時近くにお開き。
近づきつつある台風の雨風に、
衆院選での暴風をも予感しつつ、帰途につきました。
[PR]

by cembalonko | 2009-08-31 00:42 | 知的好奇心 | Comments(0)