宇宙の果てまで飛ばせたら

今日はひさびさに、予定が一つしか入っていない土曜日。
午前中、区の体育館で柔術の稽古。

練習内容は、先週に引き続き、
1.丹田に気合いを一気に集中して、相手の手を解く
2.丹田に集中した気合いを急に抜いて、相手の手を解く
3.弱腰・膝に、丹田の気を流して、相手を崩す
4.丹田の気を、前方向・後方向・下方向などに出して、
相手が離れて行くようにする(まだ飛ばすっていう程勢いがないので~;;) etc.etc.

1と2は、やはり、難しかったです。 が、
先週よりは、少しは気が相手に伝わったみたい・・・ 微量だけど・・・
今週は、家でも、おなかのまわりに風船を膨らませてギュッと縮める、という
イメージトレーニングをしてみたのですが、少しは成果があったかな?

3と4の練習の時には、「どこを狙います」って予告しないで、お互いに技を掛けてみました。
予告したら、攻撃にならないし。 
でも、結構当たったのよね、これが!
あ、前に飛ばされましたー、とか、弱腰に来ましたー、とか。
のどかすぎる練習風景・・・^^;; 

いや、別に当てっこする必要もなく、
今日は、ちゃんと技がかかったのでした!
私も、お相手の方も! 嬉しかったぁ~・・・
師範代にも褒められて、すっかり有頂天に♪ (←すぐ頭にのる人)

~☆ ~☆ ~☆ ~☆ ~☆

さて、気を前方向に出す練習をしているときに、
師範が廻ってきて下さいました。
師範のお言葉。
「前に気を出す時には、宇宙の果てまで届かせるつもりで!」
実際に師範に掛けてもらうと、本当に宇宙の果てまで体育館の壁まで
すっ飛んで行きそうな勢い!

師範が行ってしまわれてから、私たち生徒同士でやってみると・・・
「・・・うーん、火星くらいまでは来ましたかね~・・・」
やっぱり師範みたいには飛ばないの。

目指せ!宇宙の果て!!! 精進あるのみ!
[PR]

by cembalonko | 2009-09-20 00:27 | 古武道 | Comments(0)