風流楽 春のコンサート 終了!

風流楽 春のコンサート、終了しました!
ご来場下さった皆様方、肌寒いお天気の中、
本当にありがとうございました。

今回、「物語と音楽の世界」で、2つの新作を
世に送り出すことが出来ました。
「散らない桜の木」では、完全なオリジナル曲を2曲作り、
「アラカルトの春」では、既存の音楽をそのまま、またはアレンジして、
物語を効果的に彩る方法を、
語り・朗読の野田香苗さんと一緒に考えて作りました。
千曲風羽さんの美しい歌声も生かせるようなプログラム構成にしてみました。

f0018790_13245662.jpg
撮影・ボックリ博士

昨日は、11時30分開演と14時開演の2回公演。
11時30分の開演は、かなりタイトなスケジュールでしたが、
なんとか間に合ってよかったです。
チェンバロの調律は、
その日の楽器のコンディションによってかかる時間が違うので、
時間が読み切れないところが怖いですね。

f0018790_1334546.jpg
昨日の特別ゲスト!オルガネッタ弾きの、こじまおさむさん。

ヨーロッパの街角でよく奏でられている、
手回しオルガンです。
写真を良く見ると、パイプが並んでいて、真ん中のあいているところに、
太鼓とベルがついています。
で、これがときどき、音楽に合わせて「トントコトントコ チーン!」って鳴るの!
お客様からも笑い声が・・・

私たちもリハーサルの時に聞かせて頂いて、
涙が出るほど笑ってしまいました。
たった1分の曲でこんなに人を幸せに出来るのなら、
来年あたり、私はチェンバロやめてオルガネッタ回してるかも知れません!!!
って思ったくらい、元気が出る音楽が詰まっています。
このオルガネッタ、12月12日の風流楽クリスマスコンサートでは
たっぷりお聴き頂けますので、お楽しみに!
(一応まだチェンバロ担当の予定 笑)

最後になりましたが、風流楽の生みのお父さん、ボックリ博士、
お手伝いのK.I.さん、記念館の横田さん、岡田さん、ありがとうございました!

***コンサートの記録***
風流楽・春のコンサート
~桜色の風によせて~ 花にまつわる物語&音楽の世界
2010年3月28日(日) 11:30開演/14:00開演 (2回公演)
松本記念音楽迎賓館


朗読 野田香苗  ソプラノヴォーカル 千曲風羽  チェンバロ 渡邊温子

朗読と音楽 (音楽構成&作曲&編曲 渡邊温子)
散らない桜の木(光原百合 作)
アラカルトの春 (O.ヘンリ 作 大久保康雄 訳)

すみれ (モーツァルト作曲)  鳥たちは毎年 (モーツァルト作曲)
恋のうぐいす (ラモー作曲)  春に (グノー作曲)    ほか 
[PR]

by cembalonko | 2010-03-29 13:44 | コンサート報告 | Comments(0)