春の遠足

私が教えに行っている音楽教室の休室日。
講師の先生方とスタッフの方数人でこの時期、
遠足に行くのが恒例となりつつあります。(去年は羊山公園に芝桜を見に行ったのでした。)

さて今年は、麻布十番のフレンチレストラン「レ・シュー」でランチをした後、
浜離宮庭園を散策。
f0018790_22403860.jpg
八重桜が見事!牡丹園も綺麗でした。
f0018790_22403835.jpg
藤の花も咲いていました。今回のコースを提案して下さったピアノ調律師のIさんと。

浜離宮では、ツアー客と思しき外人さんが多く、
私たちがみんなで写真を取ろうとしている時に通りかかると、
ほとんどの方が「May I take ?」と声をかけてくれました!How friendly they are!
そのお返しに、その外人さんも撮ってあげたり。

その後、水上バスで、浅草へ。
船の上は、結構寒かったんですよねー
f0018790_22403893.jpg
建設途中のスカイツリーも見えました。

浅草に着いてから、おやつ代わりに、ぬれおかきやきんつばなどを食す。
ぬれおかき、熱くておいしかった!初めて食べました!
f0018790_22403868.jpg
ここでも外人さんが多くて、
おみくじを引いているときに、フランス人のカップルが、
「これは何!?どうやってやるの!?」と聞いてきたので、教えてあげました。
私の引いたおみくじを一生懸命読んでいた(英訳の部分ね)。
私のは「吉」だったから、わりと良いことが書いてあったけど、
「凶」とか引いちゃって気を悪くしなかったかな??? まあ、知ったこっちゃありませんが。

浅草寺は、修復中でしたが、覆っているシートに龍の絵が書いてあって
それはそれで、立派でした。
ちょっと寒かったけど、お天気に恵まれてよかったな♪
[PR]

by cembalonko | 2010-04-27 22:40 | 日々のいろいろ | Comments(2)

Commented by saskia1217 at 2010-04-28 02:19
先日テレビでみたのですが、浅草寺、瓦屋根が従来の重いものの1/5の重量であるチタン製の瓦に換えられてるんですよね。栃木の会社が開発したものだとか。おまけに簡単に組み合わせるだけでしっかり固定されて丈夫なんだそうです。
(浅草のは特別仕様だけど、普通のは従来の1/13の重量だそうです)
屋根の修復をしている職人さんが「観音さまの頭上で作業しているからちょっと気は引けるけど、それだけに安心して高いところで仕事ができるし、観音さまのために仕事していると思える」と誇らしげに話してらしたインタビューが印象的でした。
Commented by cembalonko at 2010-04-29 23:26
saskiaさま

お返事遅くなってごめんなさい!
そうなんですか!歴史的建造物を修復するに当たって、
材質を変えることに、きっと議論もあったことでしょうけれど、
そうやって現代の技術が、大事なものを後世に伝えるために
役に立つことってあるのでしょうね。
ありがとうございました!現在の状態の写真、次の記事でUPします!