新緑コンサート

午前中は、柔術の稽古。
昨日一日、結構ハードだったので、朝が辛かった~

短刀の型では、毎回3人ずつ、師範にお手合わせ頂くのですが、
もう一巡してしまって、今日は私が今期2回目の順番が回ってきました。
今回の注意は・・・
歩くときに、手の中指が経絡の胃経の位置にくるように置く!!!
・・・これって確か、前回もおんなじこと言われました・・・(泣;;
成長がない奴。

組み稽古では、丹田の気を同じ「弱腰」に送るのでも、
直線で送るのと、曲線・螺旋などで送るのでは、
技のかかり方が違うのを体感できました。
いつも一緒に組んでいるHさんには、
一瞬の心の迷いが、すべて筒抜け!(恥;
丹田の意識が、少しでも「思考」に切り替わると、伝わってしまいます。
「あ、今どうしようか考えたでしょ?」 ・・・てな具合に。 
もう何も隠せない間柄になりました(笑)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

午後は、青梅市立美術館の新緑祭コンサートへ。
演奏者は、フルート上野由恵さん、ハープ平野花子さん。

背景はガラス張りの向こうに、
鮮やかな新緑が揺れる、すばらしいロケーション。
上野さんの演奏、乾いた心が潤うようにすーっと入ってくる音色。
プログラムも、超大曲のカルメン幻想曲や、
アルルの女、日本の歌などもあり、よりどりみどり。
トークも楽しくて、あっという間の1時間でした。

ハープのソロでは、ルイエが作曲した、
妖精が、恋をした男性のフィアンセを呪い殺してしまう物語を
題材とした曲が演奏されたのですが、
おどろおどろしい場面になった時に限って、
背景の木々の葉が風にざわめいたのが、ちょっと怖かった・・・ 何か呼んだ?

このコンサート、美術館からご相談を受けたので、
上野さんをご紹介しましたが、
お客さまも、演奏者のお2人も喜んで下さって、
ご縁を繋いだ者としても、ホッとしました。

また、学生時代にアルバイトをしていた頃からのお付き合いの、
多摩ケーブルネットワークのY君が、取材に来てくれました。
久しぶりに会ったので、そのころからの社員の皆さんの近況を聞いたりも。
同い年のY君、1月に6児のパパになったことを初めて知り、びっくり!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、この日は上野さんのお誕生日でした。
美術館のスタッフからは、花束贈呈がありました。
終演後、雰囲気のよい和食屋さんで、ささやかなお誕生パーティーをしました。

良い春の一日が過ごせました♪
[PR]

by cembalonko | 2010-05-09 00:22 | 古武道 | Comments(0)