音楽講座 第7クール 終了♪

バロック音楽講座、第7クールが終了しました。
いらしてくださった皆様方、本当にありがとうございました!
次のクールは、9月からです!
またぜひ、たくさんの方のご参加お待ちしております!

講座終了後、担当スタッフと打ち合わせ。
アンケートで頂いたご意見などを参考に、
次のクールの内容や、打ち出し方などを話し合いました。
来期は大学の講義と時期が重なるので、
それと並行して、より深くて分かりやすくて楽しい内容を煮詰めていきたいと思っています。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、昨日は日本の政界で激動でしたが、
私にとってそれ以上の激動は、
WEMFのコンサートの出演者が一人、棄権したため、
そのオルガニストに代わって、チェンバリストがもう一人、演奏することになった!
しかも、その人は、Joe Gascho
彼は、家族ぐるみでの親しい友人で、
これからのアメリカ東海岸の古楽界を担っていくと思われる、若手実力派のチェンバリスト。
同じ舞台に立つことになろうとは・・・ バチバチ 火花

Joeは最近、スコブロネックのジャーマン(※)を手に入れたそうなので、
今回DCに行ったら絶対、彼の家に押しかけてその楽器を弾かしてもらおう!
と目論んでいたのでした。

ところが、メールしても全然返って来なかったので、「?」と思っていたら、
そーゆーことだったのね。
それでは、26日のコンサート前には訪ねられないなぁ。
本当は、コンサート前の練習も兼ねて・・・と都合のいいことを考えてたんですが。

※ スコブロネック・・・ドイツのチェンバロ製作者で、注文してから納品まで
  十年以上かかると言われていた、チェンバリスト憧れの名匠です。
[PR]

by cembalonko | 2010-06-03 22:51 | 日々のいろいろ | Comments(2)

Commented by uzumaki at 2010-06-03 23:30 x
今日はお疲れ様でした。
南米編、初めての内容でしたので、面白かったです。
でも、もう少し詳しくお話して頂いても良かったかも♪

あ、メキシコの旅の記録、拝見しました。
何というか…、凄い旅行でしたね~。残念というか、海外旅行ならではというか…。
今日の講座に使用されていた写真があったりして、興味深く拝見しました。

それから、あのパイプオルガン2台ある教会のCD、うけました。
調律の狂っているほうは、凄かったです!
いったい何のために録音したのでしょうか。
比べるため?それともその音をあえて残したかったのでしょうかね。
Commented by cembalonko at 2010-06-04 01:23
今日はありがとうございました!
「もう少し詳しく」とは、どのあたりを、でしょうか?
またじっくり聞かせてくださいね。

メキシコ旅、いやー、国民性の違いっていうのはこんなに激しいんだー、
と、気づかされた旅でした。はい、もうそれはいろんな意味で。

メキシコシティーの大聖堂のオルガンのCDですが、私は現地で買いました。
小さな文字で、「この記念すべき古いオルガンの『証言』としての録音」
であるとの記述がありました。
CDのタイトルは、「メキシコ大聖堂の祈りplegarias en la Catedral de Mexico」で、
カリヨンの音、オルガンとともに合唱隊の入っているトラックもあります。