世界初!チェンバロ演奏とアロマセラピーのコラボ (多分)

10月23日(土) 森・水・月・光 
~香りと音で紡ぐ森羅万象~
 お申込みフォームはこちら
 

いよいよ迫ってまいりました!
香りのイメージで選曲した音楽も
とても充実していますので、お楽しみに!

例えば・・・
生誕500年の、スペインの盲目のオルガニスト、カベソンの作品。
ショパンが生誕200年と騒がれておりますが、
チェンバロの世界にしてみれば、そんなのまだ、青い青い!(笑)
そして、青いといえば、まだ熟してもいないし硬くて食べれないかも・・・の
生誕40うん年の、私の作品。
僭越ながら演奏させていただきまーす!(よくまあ、恥ずかしげもなく・・・)

そして、一押しは、ムファットのパッサカリア。
この曲、留学中に試験で弾きたかったのに、
前年、先輩が見事な演奏をしたから不利だと言われ、
却下された因縁の曲。
やっと日の目を見ることになりました!
人の喜怒哀楽に満ちた一生を見るような、いや、
輪廻転生を繰り返す人の性を見るような・・・私にとってのイメージです。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

ここから、ちょっとまじめなお話。(暗いよ。)

自分の人生が下り坂に向かった時に、
それを受け入れていく心の準備は、できているでしょうか。

子供がいれば、自分が衰えていく分、子供が成長していきます。
それを間近で見られる人たちは、それだけで、本当に本当に幸せだと思います。

うちは子供がいません。
ですから、自分が衰え朽ちていくことだけと、
黙って孤独に向き合っていかなければなりません。

私は数年前に、体を壊したときの、あの絶望感が忘れられない。
もう元には戻れない自分と、向き合い、受け入れることに、
相当抵抗していた自分がそこにはいました。

今はまだ、自分を磨けると思っているし、
次の世代を担う若い方々に何かを伝えられる立場が得られたので、
私にとってそれは、とてもラッキーなこと。

柔術の師匠は、死ぬ前の日に一番いい技がかかる
=死ぬまで、成長し続けられる、 と仰います。
それは救いの言葉ですが、現実は?

先日急逝されたFさんに思いを馳せながら、
今日は心に浮かんだことを綴ってみました。
[PR]

by cembalonko | 2010-10-13 23:47 | 日々のいろいろ | Comments(8)

Commented at 2010-10-14 01:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-10-14 01:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cembalonko at 2010-10-15 08:58
そう、諦め切ってしまえば、楽になるんですよ。
それは分かっているんです。
でも、そういう訳にもいかないですよね。
それとも、達観している人から見たら、
Battleしているうちはまだまだ未熟ということになるのでしょうか。
Commented by k.n.in Kobe at 2010-10-15 22:18 x
Elizabeth Bishop というアメリカの詩人に”One Art" という作品があるのをご存知ですか。「失くすなんて大したことないわ」という行がリフレインになっている合間に、失くしたものが列挙されます。列挙されるものの値打ち(失くし方の規模)が大きくなるにもかかわらずリフレインは変わらないのですが、you を今なくしかかって、という所に来て「ひょっとしたら失くすって大変なことかも」 とリフレインが変化し、終るという詩です。
 普通you は恋人とか友人、とか解されるのですけれども、創作者なら想像力、批評家なら目利きの力、がyou になり得ますよねそれまで当たり前に出来、誇りにも思っていたのに、何かの事情で出来なくなってしまったこと、何でも該当するでしょう。そう思って読むと切なくなります。ただ、失くす=手離すのはマスター不能の技、という趣旨の詩でありながら、詩の形式じたいは完璧なヴィラネルで、喪失の悲しみを伝える言葉の技じたいは「マスター」しているという点、皮肉でもあり慰めでもあります。詩であれ何であれ何かを「作る」ことはtheraputic なのかもしれませんね。
Commented by hildy at 2010-10-15 23:59 x
コンサートの案内をお送りくださり、ありがとうございます。今回もまたお伺いできず、申し訳ありません。
ユニークな試みですね♪ 興味津々ですが、満月云々とかは、クリスチャンが興味をひかれてはならない分野かも。。。^_^;

柔術のお師匠さんの言葉、信じたいなぁ~、
うぅ~ん、でも、神様が私に用意して下さる最後が、私にとってベストなものだって、信じます。。
Commented by くにこ at 2010-10-16 00:59 x
コメントなんて普段はまったくしないんだけど、今回はしたくなっちゃいました。先日はリサイタルに来てくれて、ありがとうございます。年齢による身体の衰え…まさに今私が直面している課題です。歌い手は身体に頼るところが大きく、いい音楽を作るにはまず正しいフォームで歌うこと。こいつが曲者で、同じフォームで歌い続けることができない…その調整に失敗し、結局今回の本番は破綻してしまいました。若い時は多少の風邪ではまったくびくともしなかったというのに…つらい現実ですが、これと闘っていくしかありません。そして孤独。これも音楽家という仕事を続けていく以上常に付きまとう苦しみですね。本番前には本当に孤独との闘いです。…暗くなっちゃったね。23日行けるよう仕事を調整中です。12日は私もクリスマスコンサート。お互い身体には気をつけて音楽を楽しみましょうね!
Commented by cembalonko at 2010-10-18 09:45
>k.n.in Kobeさん
素敵な詩を紹介して下さってありがとうございます。
>詩であれ何であれ何かを「作る」ことは
>theraputic なのかもしれませんね。
その通りだと思います。私達にとっては演奏することも、まさに、そうです!

>hildyさん
ご無沙汰しております。コメントありがとうございます♪
>満月云々とかは、クリスチャンが興味をひかれてはならない分野かも。。。^_^;
・・・ですよね~。すみません。目論見としては、チェンバロを聴いて頂く
新しい層の開拓を目指しました。アロマの原さんのお客様層との
接点になればとの思惑がありました。
月を含めた天体も、自然も、私達も、すべて神様の作られたもの。
その中で調和して生きる!がテーマです。そして来る最後も。



Commented by cembalonko at 2010-10-18 09:47
>くにこさん
先日はお疲れさまでした!
いやー、ベストコンディションではなかったとのことですが、
オフィーリアであそこまでちゃんと音程はめられるのはホント凄い!
くにちゃんの歌を聞くと、やっぱり高校時代にスリップしますね。
あの、ルッツィのアベマリア事件とか ^^;
23日、無理しないでね!でも、来てくれたら嬉しいな~!