可愛くて熱心なお客様♪

レ・シュー ライブ、2日目が終了しました。
今日は、満席のお客様。

おととしのコンサートディナーを聴いて、
今回もぜひ、と言っていらしてくださったお客様。
外国の方で、熱心に曲名と作曲者を質問してくださったお客様。
(プログラムは日本語onlyだったの・・・)
「クラシックはまったく聞かなかったんですけどねー
チェンバロを聴いて初めて、クラシックが好きになったんです」
と話してくださった男性のお客様。
トランプで手品をお仲間に披露しながら聴いて下さっていたお客様。
ほーんと!嬉しいでーす!感謝です!
BGMだけではない、がっつり聴いて頂きたい曲を
ちりばめた甲斐がありました!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、始まる前、リハーサルをしているとき、
小学校4年生の、シェフとマダムのお孫さん(=若シェフと若マダムの息子さん)が
学校帰りに、お店にやってきました。
チェンバロに近づいてきたので、
「楽器、見る?」と声をかけました。
やっぱり男の子ですねー、楽器の構造にものすごく食いついてきて、
「なるほど~」とか言いながら、熱心に私の説明を聴いていました。
(妙に大人びた話ぶりがまた、カワイイ^^)

私は弾くのに集中していたので気がつかなかったのですが、
お孫さんったら、お店に入ってきたら、
両手いっぱいの荷物も置かずに、ポカーン・・・と私が弾くのを聴いていたのだそう。
こういうお客様も、嬉しいもの♪
[PR]

by cembalonko | 2010-11-12 23:43 | 日々のいろいろ | Comments(0)