宗教改革前のローマ教皇?

f0018790_1545920.jpg

話は前後しますが、今回泊まった奥日光おおるり山荘は、
一人300円で往復送迎バス付き(来年から600円)。
そして帰りには、日光山のご本尊を祠っている輪王寺の参拝も付いているのです!

さて、私達も例にもれず、その団体参拝に参加したのですが、
金堂に入る前にまず、黒いコート・ポマード髪の男性が
寺の由緒や祠られている3体のご本尊について、
さらに、この寺が徳川家康によって関東一延の鬼門封じのために建てられたものであり、
↓ここからが肝心!
ここで授けられる鬼門封じのお札がどんなにご利益があるのかを、
はきはきした口調で蕩々と説明・・・

変わって金堂に入ってからは、お若い僧侶が、
今度は厄年に当たる人と四柱推命で悪い星回りの人の
生年を書いた表を掲げながら、
(この年に当たる人は特にお札を授かった方がいいとでも言いたげ、いや言ってたな)
鬼門封じは一家に一枚あれば、その家族全員のあらゆる願いを叶えてくれる、
なんていう、ありがたーいお話(っていうか説教?)をして下さいました。

うちはダンナが事前にこの情報を知っていたので、
ちょっとは心動かされつつもお札は授からずに、
無事(?)参拝のみで退散。(ちなみにこの鬼門封じのお札、同梱されている葉書に
家族全員の名前を書いて輪王寺に送る事になっていて、
再来年の節分まで、その名前を唱えて実際にご祈祷してくれるとか!)

写真は修復中の金堂に掛けられた幕(?)
[PR]

by cembalonko | 2010-12-31 15:04 | 日々のいろいろ | Comments(0)