古武術、にわかに楽しくなってきたよん♪

最近よく「古武術に興味がある」っていう方にお目にかかります。
例えば、来週日野で共演させて頂く読○交響楽団のOさんとか、
先日、護国寺コンサートにいらして下さったフリーライターのNさんとか、
少し前には、フルーティストのYちゃんとも、
古武術の話で盛り上がったことがあったなぁ・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、今日も稽古に行ってきました。
今日は、稽古の合間に、
5~6人で動かないように押さえた木刀を、
丹田の意識だけで動かし、さらに
それを押さえている人を崩す、という技を、
師範が実演して下さいました。

その後、師範が「自信のある人はやってみて」と仰られました。
しばらく、しーん、となった後、私が指されてしまいました!
(刺されて、じゃないですよ^^;)
私の前に指名された方は、一度は辞退していました。
気持ちはわかります。
絶対無理だってばさ!

だけれど、そこは能天気なワタクシ、
チャンス!と思って、トライさせて頂きました。
そしたら、その技、出来ちゃった♪

木刀を握る時、師範に
「握らないで、軽ーく触れるだけ」と言われました。
その感覚、楽器に触れるときの、
特にチェンバロの鍵盤に触れるときの感覚に、
とっても、似ていた。
力を入れたら、伝わらなくなる、という感覚・・・

私の中でまた、何かが弾ける音が聞こえました。
[PR]

by cembalonko | 2011-02-19 23:01 | 古武道 | Comments(0)