こがねむしの呪縛

♪こがねむしーはー
♪かねもちだー
♪かねぐらたーてた
♪くらたてた

この童謡の、「こがねむしー」と「かねもちだー」の所は、
ドレミでいうと、「ラシドシラー」です。

明後日の日野のコンサートのプログラムに、
テレマン作曲「食卓の音楽」のトリオソナタがあるのですが、
第3楽章に、リズムの取り方がトリッキーな6連符が出てきます。

で、その6連符、音の並びもリズムもぴったり、

「こがねむしー」
「かねもちだー」

と同じなんですよ!

合わせ練習の時に、ヴァイオリンのO田さんが発見して、
みんなのツボにはまって、さあ大変!(大爆笑)

さらに、ヴァイオリンパートは、3つゆっくりな音符を弾いてから
「こがねむしー」
が出てくるんだけど、
ベースは最後の最後になって、
何の前置きもなく、6回続けて
「こがねむしー」「こがねむしー」「こがねむしー」「こが…」(以下略)
と、やらなきゃならない。


絶対本番中に思い出すよね、こういうのって(困;)


もし、こがねむしの呪縛に取りつかれた3人を見たかったら、
明後日、朝10時に日野市生活保健センターへどうぞ!!!
[PR]

by cembalonko | 2011-02-24 20:33 | 日々のいろいろ | Comments(0)