緊張のお手紙代筆と、合唱コンサート

ある方より、ベルリン・フィルのメンバーへのメールの英訳を依頼されました。
あの、天下のベルリン・フィルのお一人のメアドが何故、私のもとに・・・?
お仕事がらみなので、責任重大。
昨日の午前中、やっと送信し終わったら、緊張の糸が切れ、
その後数時間、居間のラグの上で猫寝爆睡・・・ (;一_一)
文面に大きな間違いがなく、先方からちゃんと返信がある事を祈るのみ・・・(大汗;;

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

土曜日は、母が所属している合唱団
サンデー・ハーモニー」のコンサートでお手伝いでした。
開演15分前に、意地悪ぅ~なスコールまがいの大雨が!
雨女・雨男はいったい誰!?
こういう時には、せめて5分押しにすれば良かったかも。
第1ステージを聴けずにロビーにいた人がたくさんいましたので・・・

さて、このコンサート、父がワンステージを指揮しました。
去年まで指導されていた藤原章雄先生が急逝され、
第4ステージが、先生の追悼のステージとなっていました。

妹が聴きに来て、久しぶりに家族4人が揃い、
家族で、指揮者、合唱団員、スタッフ、観客が賄えてしまいました・・・(笑)
打ち上げにまでお邪魔して、帰ってきました。

この場を借りまして・・・
サンデー・ハーモニーの皆様方、いつもお世話になっております。
これからも父母をよろしくお願いいたしますm(__)m

♪♪♪メルマガのご案内「月刊バロック通信」♪♪♪
たくさんの方にご登録頂きまして、感謝感激です!!!
まだの方、もしよろしければ、こちらから↑登録して頂ければ幸いです♪
よろしくお願いいたします!
[PR]

by cembalonko | 2011-06-28 01:00 | 日々のいろいろ | Comments(0)