吉野梅郷の梅、来年で最後・・・

こんばんは。寒いですねぇ。
26日は年賀状書き&大掃除、
27日は今年最後の打ち合わせ&実家へ行き、
仕事の後に駆けつけた夫と両親と4人で、ふぐ鍋忘年会でした。
実家は両親2人きりになってしまったので、久しぶりににぎやかな夕食、と、
喜んでくれたみたいで。(こっちはタカリに行った感満載^^;)
そのまま一泊し、今日の夜は、
音楽教室でお世話になっている調律師さんと、プチ忘年会でした。

******

さて、私の実家は東京都青梅市にあります。
青梅は、その名の通り、梅の名所です。
ところが、梅林の梅の木がウィルスに感染したため、
吉野梅郷地区の梅のほとんどが、
来年の梅見の時期を最後に、
根こそぎ切り倒されてしまうことになったそうです・・・

ショックでした。

実家の庭にも、たくさんの梅の木がありますが、
全て切り倒されてしまうとのこと。
青梅で生まれ育った母は
「梅の木のない所にいたことが無い」と、寂しそう・・・

梅の花は、夜に特に香るのです。
早春の夜、2階の部屋からベランダに出て、
梅の香を感じながら、月明かりにぼおっと照らされた、
霞か雲のような白い梅の花を よく眺めたものです。

その梅の花がもう、見られなくなる・・・
私の心の故郷の風景が失われてしまう・・・
そう思うと、
私も心がつぶされる思い・・・
[PR]

by cembalonko | 2011-12-29 00:55 | 日々のいろいろ | Comments(0)