ベロッティ氏のオルガン講習会

f0018790_17385342.jpg

初期バロックの鍵盤音楽の巨匠、フレスコバルディ作品の公開講座を聴いてきました。

良い復習&頭の整理が出来ました!
エレベーションの意味とその変遷とか、
カプリッチォの基になったマドリガルについてとか。
先生が弾かれた、オルガンでのアーティキュレーションの違いは、
分かりやすく、チェンバロだとどうなるかなー?と、
応用してみたくなりました。

滝野川教会のオルガン、見た目も音色もステキ♪でした。
[PR]

by cembalonko | 2012-03-29 17:38 | 日々のいろいろ | Comments(0)