そぎ落とすこと

今日から、平成24年度の第一クールが始まりました。

今朝、ブログをみて確認したら、柔術を始めたのは2007年の7月15日。
何と!4年9ヶ月経っていました!信じられない!
参加者の中でも長い方になりました・・・

各クールの初回には、参加者全員が円陣になって、自己紹介をします。
この、3ヶ月ごとの自己紹介で、
参加者のみなさんのこれまでの感想や、課題に思っている事などを聞くと、
共感することが多く、
また一緒に修行させて頂こう!という気持ちを新たにできます。

さて、今日、師範代がおっしゃったことで、とても印象に残った言葉がありました。

「本来の自分は、すでにそこにある
後から付いてしまったいろんなものをそぎ落としていけば、
すでにそこにある、本来の自分が現れるだけだから、
それは、誰にでもできることです。」

古武道で技をかけるには、まず脱力
そして、相手を倒そうとかくずそうとか、思わないこと
これができないと、技がかからないのです。
そのために、丹田と正中心(引力に対する体の意識上の中心線)に
常に意識を置く訓練をするのですが、
私なんかまだまだ、すぐに抜けてしまいます。

しかし、こんな私でも、集中して稽古した後は、
心も体もすっきり!
変な自己顕示欲や、見栄、妬み、悩み、煩わしい思いなどから
開放されることが、本当にあるのです。不思議!

(気のせいでないことを祈る!)
[PR]

by cembalonko | 2012-04-08 00:03 | 古武道 | Comments(0)