ご来場ありがとうございました!

松本記念音楽迎賓館の楽器を「みる・きく・ふれる」
お陰さまで、盛況のうちに終了いたしました。
ご来場下さった皆様方、クリスマスの午後、
貴重なお時間を割いて足を運んで下さり、ありがとうございました。
ご後援頂いた、音楽鑑賞振興財団、日本チェンバロ協会、
そして、松本記念音楽迎賓館の横田様に、御礼申し上げます。

大変好評なアンケート結果を頂きました。なんと34名中、30名の方から
お答えが返ってきて、大変満足が19名、満足が10名、やや不満が1名でした。
具体的なご感想の一部をご紹介しますと・・・

・オルガン・チェンバロ・ピアノの特徴を一回の講座でまとめて知ることができ、
 初心者(子供さん)から大人まで幅広い層にとって実りのある会でした。
・楽器のしくみを詳しく知ったのは初めてで、感激した。
 3人のみなさん、わかり易くてていねいでよかった。
・楽器の構造を見られたこと、実演があること、参加者の人数が適切、
 会場の雰囲気が良い、お話の内容がよい、演奏もすてき。 などなど・・・

・・・好反応を嬉ばしく思う半面、
このような企画をしていく上での課題も浮かび上がってきました。
幸いなことに、周りに協力して下さる方々がいらっしゃるので、
今後、じっくりと話し合いながら、このような企画を
大事に育てていけたらよいなぁ、と思っています。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、明日から元旦まで、留守にいたします。
気が向いたら、更新するかもしれませんが、
とりあえず、今年のPCからの更新は最後となります。
今年一年、拙ブログを訪ねて下さり、ありがとうございました。
寒い日が続きますので、お身体にお気をつけて、
良い新年をお迎え下さいませ。。。(from まだちょっぴり風邪っぴき)

f0018790_0133590.jpg
ボッチチェリ「聖母子」ワシントンDC・ナショナルギャラリーにて 

===コンサートの記録===
12月25 日(火) 14:00
松本記念音楽迎賓館の楽器を「みる・きく・ふれる」 (松本記念音楽迎賓館
後援 音楽鑑賞振興財団、日本チェンバロ協会、松本記念音楽迎賓館
講師 関幸子(オルガン)岩本真紀(ピアノ)渡邊温子(チェンバロ)
[PR]

by cembalonko | 2012-12-27 00:34 | コンサート報告 | Comments(0)