喜びすぎず。

前回、雪の高速道路8時間から生還!と更新して以来
旅行ブログの方にうつつを抜かしておりまして・・・
こちらがお留守になっておりました。スミマセン!
お陰さまで、凍りついた道路でコケることもなく、
元気にしております。

アメリカ移民局より、正式に
アメリカでのプロ活動を認める旨の許可が下りた、
との連絡を頂きました。

「何であなたが!?」

と思う方は多いでしょう。本人も、そう思っています。
今回の手続きに関わって下さった方も、ほぼ皆さん、
「移民局は難しいのよね・・・」と思っていたみたいですから・・・

でも、これは、事実なんです。
私のために、ものすごく煩雑な手続きを助けて下さった
たくさんの方々がいて下さったお陰・・・
なんというかもう・・・私は、お礼の言葉が見つかりません。

推薦状を書いて下さった先生方、
A45枚にびっしりの履歴書をすべて翻訳して下さったRさん、
手続きを漏れのないように仕切って下さったEさん、
ライブの度にきちんとCDやDVDの記録を撮って下さったボックリ博士、
そして、今まで17年の間に私と一緒に音を出して下さった皆様方、
コンサートを作って下さった皆様方・・・
(今までの活動を全て、申告していますので)

本当に、心からお礼を申し上げます。
ありがとうございます。
私は、喜びすぎず、心静かに、
皆様のして下さったことに報いるよう、しっかり頑張ります。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

実は、去年後半から、自分の中には穴があいていました。
基本的に楽観的な自分も、
ある出来事を相当引きずり続け、
自分が音を出す意味をも、見失いかけていました。

もちろん、コンサートでも講座でも、
自分の心に鞭打って、弾いていました。
でも、今までなら、楽器に触れられなければ
指が気持ちが悪くてしょうがなかったはずの、
年末年始の旅行の時も、全く平気。
むしろ、楽器から離れられてほっとする・・・

こんなことは、今までで、初めてでした。

でも、今回の一件で、
私を必要としてくれているところがあったんだ、と
再び、心を奮い立たせることが出来そうです。
後からこのことを振り返った時、このことで私はきっと、
救われたのだろうな・・・

本当に、感謝、という言葉しか出てきません。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

明日はメルマガ「月刊バロック通信」の配信日です!
ご登録がまだの方はぜひ!
毎回、結構マジメに書いております・・・
http://www.mag2.com/m/0001306010.html
[PR]

by cembalonko | 2013-01-21 23:51 | 日々のいろいろ | Comments(5)

Commented at 2013-01-22 00:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-01-22 00:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cembalonko at 2013-01-22 08:21
ありがとうございます。おっしゃるとおり、やること自体は変わらないですが、気持ちを切り替えていきたいと思います。

フランシスコ・ザビエルの髪型ですが、スペイン語ではtonsura(女性名詞)なので、英語のtonsure(名詞・動詞)は、そこから派生したのでしょうかね?
ロヨラはほんとにはげ頭なんですかー。へぇ~~
Commented at 2013-01-22 08:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cembalonko at 2013-01-22 22:33
ありがとうございます!頑張って行きますよ~!(^o^)/