プラド美術館展

・・・行ってきました。

どうでもいいけど、すんごい人の数!
先日の藤田展の時も混んでいたけれど、
それよりもさらに、館内人口密度がすごくて、
人を掻き分け掻き分け、
やっとこさっとこ、絵と説明文を読みながら進む・・・という具合でした。

しかし!衝撃の出逢いがありました。
その絵を見るためになら、何度でも行きたい!
と思える絵に出逢ってしまった。
本当に、その絵から目が離せなくなり、
その前から足が動かなくなってしまった・・・
こんなことは、私の人生で初めてかもしれません。

*****

中央に、一人の若い女性が描かれています。
そして、その姿から、
それを描いた画家の思いが、
強く強く伝わってきた・・・    と私には感じられたのです。

マルティネス・デル・マーソ
「皇妃マルガリータ・デ・アウストリア」

見てみてください。ぜひ。
[PR]

by cembalonko | 2006-04-24 00:11 | 週末のお出かけ | Comments(0)