スタッフドキューカンバースープ♪

今日は、月に一度のバロック女子会~☆
ヴァイオリンのまりちゃんとヴィオラのジャッキーが来てくれました!
この会、合わせの前にまず、腹ごしらえという厳格な規則があり(笑)
私は毎回、スープを作って待機しております。
そこで前日、練習もそこそこに、
「スタッフドキューカンバースープ」を作りました!

輪切りのキュウリを少しくりぬいて、
豚肉+干しエビ+メンマ(ほんとはクワイかタケノコ)+片栗粉を
良く練ったものを詰め、蒸し器で40分ほど蒸す。
そして、蒸し汁に出汁(干しエビ+だしの素少々)と塩・胡椒を足して、
沸騰させたら、蒸したキュウリを入れて、出来上がり♪

このスープ、台湾中華を習っていた時のレシピなのですが、
そこには、自分の字で書き込みもしてあるのに、
作った覚えが全くなかったっていう・・・^_^;
干しエビ出汁の利いた、さっぱり味に仕上がりました。
こんなんで良かったんだっけ?(習った時の味、覚えてない・・・汗;)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

肝心な合わせの方は、フレスコバルディを3曲。それから
バッハのオルガンのトリオソナタを、
①チェンバロオブリガート(下2声をチェンバロ、最上声を弦のどちらかが弾く)
②通奏低音(上2声を弦の2人が弾き、チェンバロはベースに右手で和音をつけて)
この2通りでやってみました。

うーん、メロディラインの対比感は、弦2本の方がよく出ますね・・・
この曲、6月のワシントンで、リコーダーソロと
オブリガートで弾かなければならないので、
もう少し主張のあるメロディーラインに仕上げたいです。
[PR]

by cembalonko | 2013-04-26 02:51 | 日々のいろいろ | Comments(0)