秋の特別講座 「J.S.バッハ インベンションについて」 終了しました!

チェンバロ生演奏と共に聴く
クラシック音楽講座 特別講座 
「J.S.バッハ インベンションについて」

無事終了いたしました。たくさんのご来場をありがとうございました!
f0018790_00956.jpg
今回は、仲良しのピアノの先生にゲスト出演して頂いたお陰で、
17・18世紀の音楽の作り方が、
後世へどのように広がり、発展したかがお伝えできたように思います(^^)
タニタ楽器の敏腕ピアノ教師・
吉澤ゆりか先生が選んで下さった曲例は、
ショパンやベートーベンに始まり、ジャズのナンバーや映画音楽、
しまいには北浦和駅の発車ベルの音楽まで・・・
今日いらした皆さま、
あの発車ベルが下方変位の偽終止っていうことしか
覚えていらっしゃらなかったらどうしよう・・・汗;;;
f0018790_003635.jpg
タニタ楽器のスタッフの皆様には、
早朝からセッティングや会場整理で、お世話になりましたm(__)m
そして、大勢の方の前でお話する機会が少なくて・・・とおっしゃっていた割には、
ピアノ部門の素晴らしいレクチャーをして下さった吉澤先生に、感謝です。

私はめっちゃ楽しかったので、またやりたいなぁ・・・

次回からは、私一人の講座に戻りますが、
またのご参加をお待ちしております。


===講座報告===

「J.S.バッハ インベンションについて」

講師  
渡邊温子(タニタ楽器チェンバロ科講師)
ゲスト 吉澤ゆりか(タニタ楽器ピアノ科講師)

日時  10月10日(木)10:30〜12:00
会場  タニタ楽器 北浦和東口センター

f0018790_2136415.jpg

[PR]

by cembalonko | 2013-10-11 00:04 | コンサート報告 | Comments(0)