チェンバロとともに聴くクラシック音楽講座 第3回終了!

タニタ楽器北浦和東口センターで開催しています、
クラシック音楽講座、第3回が終了いたしました!
ご来場いただいた皆様方、ありがとうございましたm(__)m

今日のお題は・・・リュリの音楽悲劇「アルミード」

ヘレヴェッヘ指揮・コレギウム・ヴォカーレ、
シャぺル・ロワイヤルの演奏を使ったのですが、
改めて、言葉自体が持っている音楽的要素と、
実際に書かれた音楽とが、密に結びついていることや、
(演奏者が良かったのでしょうが)
ルノーへの愛と復讐の間で揺れる
アルミードの心情を逐一描き出しているレシの表現の巧みさを
再認識しました。

こういう世界、好きですわ・・・

次回は2週間後、11月21日(木)です!
テーマは「楽器」。チェロの知られざる名曲を取り上げます。
[PR]

by cembalonko | 2013-11-07 22:44 | 音楽 | Comments(0)