支笏湖旅行記 その1

5月4日

朝8時すこし前に家を出て、羽田に9時過ぎに到着。
今回は、新千歳空港まで、スカイマークエアウェイで飛びました。

スカイマークエアウェイの機長は、「スワロフスキーさん」。
おー!ロシア人だー!
着陸間際に機体がゆれ、心の中で密かにスワロフスキー機長に声援を送る。
もし落ちそうなら、そのままお国まで飛んで頂いても良くってよーー

お昼は空港内の「幸四郎ラーメン」。
お腹が空いていたため、表示カロリーが一番高かった、
店名と同じ名前のついたラーメンを注文。
ダンナは、オホーツクという、
イカヤホタテや殻付きのカニなどがのった豪華版。
f0018790_11161044.jpg
JALの職員さんも食べに来てました

12時40分ごろ、空港から支笏湖行きのバスに乗り込みました。
思ったよりも暖かく、周りを見回しても、
厚着している人でも薄手のセーターくらい。
気温は15度くらいでしたが、
日が当たると、目蓋が重くなるほどの、ぽかぼか陽気でした。

バス停に着いたらまず、支笏湖のビジターセンターで情報収集。
といっても、必要なのは、お散歩コースの地図くらいですが・・・
その後、湖畔広場へ。
支笏湖は、比較的観光化されていないと言われていますが、
それでも一角には、お土産やさんや食物屋さんが並んでいます。
そこの、湖が見えるカフェ「メメール」で、ジェラートとコーヒーを頂きました。
(実はこのカフェ、毎日来ることになるのです。)
f0018790_11263791.jpg
カフェから湖を眺める

ダンナは、「チーズいも餅」をおかわり。
外側はサクサク、中はもちもちの食感で、
ジェラートでお腹いっぱいと言いつつ、ぺロッと完食!
f0018790_11274289.jpg
ジェラート&コーヒー
f0018790_11281875.jpg
チーズいももち (食べかけで失礼!)

その後、ホテル「休暇村 支笏湖」にチェックインし、
支笏湖畔の「野鳥の森」散策に出掛けました。
まだまだ森は、冬枯れ。
葉のない木々の間から、雪を頂いた山々や、青い湖を見ながら、
約三キロを二時間かけて歩きました。
f0018790_11222426.jpg


(一日目、つづく)
[PR]

by cembalonko | 2006-05-08 11:38 | | Comments(1)

Commented by katey at 2006-05-20 23:33 x
もう二度と、乗らないと思うけれど(というのは機体の窓のガラスがヒビ入っていたから)AIR DOの機長さんも私が乗った時はジェームズさんでした。大手以外は意外とこういう外国人が機長というケースが多いみたいですね。ところで、なぜAIR DOというかご存知ですか?AIRは俗にある航空会社命でよく使われるので別に何の変哲もないのですが、問題はDOの方です。これは北海道の道をローマ字にするとDOになりますよね。で発音するとかっこ悪いと言うことで、発音上というか、カタカナ書きでは「ドゥ」になったわけです。まあ、道民の航空会社として大切にしなければならないのですが、採算が取れなくて全日空の傘下に入ったのも事実です。形は共同運航便として。空港は面白かったでしょうか? 佐藤水産の「空弁」が買えるのも空港だし、空港限定商品もかなりあるので面白いと思います。レストランは一般に高いので私はあまり行きませんが、滑走路が良く見える「あびよん」は好きです。ラーメンやさんは、すすきののラーメン横丁とか新ラーメン横丁より、狸小路七丁目や六丁目。または狸小路一丁目が多いです。後は、エスタ10階のラーメン共和国とか…。最近は値段が高いので気をつけないと…。