最後の一枚の葉

今朝起きたら、洗面所の白いキャンバスのような壁に、
爽やかなミントグリーンの油絵の具で、一枚の葉が描かれていました。

・・・さては、夜中にベーアマン老人(O.ヘンリーの「最後の一枚の葉」に登場する)が参上して、
風で散ってしまった蔦の葉を 描いていったのか!?

でも私は、蔦の葉が全部散ったって死ぬとか思わないし、
むしろ、蔦の葉をむしりとってでも生き残るタイプだけと・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

5分後、コンタクトレンズを着けてよーく見たら、
前日に残り少なくなった歯磨き粉のチューブを
思いっきり振った時にフタが飛んで、
中身の一部が壁にベチョッと付いたもの、と判明!

いやー、一晩で結構固まりますねー 歯磨き粉って・・・(~_~;)

・・・現在12月7日の風流楽コンサートのリハーサルが進行中。
頭はO.ヘンリーの名作のことで一杯です。
リハーサルの録音を聴いて、おそらく風流楽の代表作になりそうな予感がしております。
ヴァイオリンの音とも、ベストマッチングな物語ですよ~♪
お時間がおありになりましたら、ぜひお越しください!
詳細はこちらへどうぞ!
f0018790_17184438.jpg
f0018790_17184410.jpg
写真は、東京オペラシティと、新宿のモザイク通りのイルミネーションです♪

[PR]

by cembalonko | 2013-11-29 17:18 | 日々のいろいろ | Comments(0)