遅ればせながら、音楽講座へのご来場ありがとうございました!

4日の木曜日、チェンバロと共に聴くクラシック音楽講座@タニタ楽器の、
今期第4回目が終了いたしました。
いらしてくださった皆様方、ありがとうございました。
ルネサンス時代のポリフォニーの聴き方に
少しでもなじんでいただけたら嬉しいです♪

今回、バーチャル旅行で訪れたのは、アントワープの町。
アントワープといえば、昭和世代の私たちにとって
忘れられないシーンがありますよね!
アニメ「フランダースの犬」で、主人公のネロ少年が、
一目見たいと願い、その前で亡くなった大聖堂の祭壇画・
ルーベンスの「キリストの昇架」と「キリストの降架」。
町の風景の写真とともに、私が現地で買ってきたその祭壇画のカードも
みなさまにお見せしました。
カードは祭壇の扉の絵まで写っており、ちゃんと折りたためるようになっています(^^)v

大聖堂には、16世紀半ばに4台のオルガンがあったのに、
1566年にカトリック・スペインの宗教弾圧に抵抗するため、すべて破壊されてしまったとか・・・
先週、北ドイツのシュニットガー・オルガンの話でも出てきましたが、
戦争によってどれだけ貴重な文化財が失われてきたことか・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

先週は、水曜日に松本記念音楽迎賓館にて、
オルガン・ピアノ・チェンバロの楽器解説員を、
午前と午後の2回行い、それぞれの楽器の特徴と発音の仕組みなどを説明&実演。
計60人くらいの方に聞いていただきました。

チェンバロは一つの鍵盤で最大3本の弦を鳴らすことができる、という説明の後、
飛んできた質問。
「・・・ということは、楽譜は3段で書いてあるのですか?」
その発想はなかった~!しばし答えに窮したのでありました・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

木曜日は上に書いたように、音楽講座。
金曜日は、打ち合わせと会議のダブルヘッダーで、脳みそ溶けかかった(^▽^;)
どちらにも、いろいろな懸案事項があったけれど、
なんとか前に進みそうで、ほっ。
決まったら決まったで、動き出さねばならないのだけれど。



[PR]

by cembalonko | 2014-07-06 01:27 | 日々のいろいろ | Comments(0)