風流楽(ふる~ら)初の立川公演、終了いたしました!

心配された雨もさほどでもなく、
60名近く、ほぼ満席のお客様にお越しいただき、
風流楽(ふる~ら)初の立川・ギャラリー新紀元でのコンサートが終了いたしました。
いらしてくださった皆様方には、
心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

昨日は、朝7時45分に家を出て、
青梅の生徒さん宅へ、自分の楽器をピックアップ。
10時40分ごろ会場に着き、11時に楽器搬入。
調律・リハーサル・本番調律の合間に、3分ぐらいでおにぎりを食し、
13時30分開場・14時開演。なかなかタイトでした。

茨木のり子さんの詩の世界は、今回が初演なので、
皆様にどのように受け止めて頂けたのか、ドキドキしています。
4年ぶりに演じた、山本有三さんの作品もしかり。
皆様から頂いたアンケートをまだ拝見していないので、
それまで、ドキドキしておきます・・・汗;
ゲストのヴィオラ・ダ・ガンバの藍原ゆきさんとは、
もう何度も共演させていただいているので、
合わせはとても順調に進み、本番も楽しく弾けました!
やっぱりアンサンブルはいいなぁ!

今回は久しぶりにフレミッシュの一段鍵盤を自分で運びました。
(もちろんもう1名、プロの運送業者の方の手を借りてですが)
腰や背中は全く問題ないのに、今日になってなぜか、太ももの内側が筋肉痛・・・
そんなに踏ん張ったのかなぁ?
f0018790_17441245.jpg
f0018790_17454865.jpg
f0018790_17442746.jpg
写真:黒須美代子さん撮影

最後になりましたが、ギャラリー新紀元のスタッフの皆様、
受付と記録撮影をしてくださった黒須美代子さん、
心のこもったサポートをありがとうございました。
お陰さまで、安心して公演に臨むことが出来ました。



[PR]

by cembalonko | 2014-11-10 18:01 | コンサート報告 | Comments(0)