広島の日本庭園・縮景園

f0018790_10565541.jpg

f0018790_1056557.jpg

f0018790_10565552.jpg

昨日の午前中は、原爆ドームと資料館を訪れました。

少し残念なことには、原爆ドームは調査が行われているとのことで、
まわりに足場が組まれていました。

そして、資料館もまた、拍子抜けでした。
とてもマイルドにしてある。え?この程度じゃないでしょう?と。
亡くなった方々にとっては、もっと伝えてほしいことがあっただろうに・・・
私が小学校の時に図書館で見た写真集の方が、
よっぽど衝撃的でした。
いろいろな考え方があるとは思いますが、何となく釈然としない気持ちを抱えながら、資料館を後にしました。

お昼は、通り掛かりの「鶏のすけ」という鶏蕎麦屋さんで。
とろみのある濃厚な鶏ガラスープが美味しかった!

午後はまず、縮景園へ。
回遊式庭園で、今まで訪れたいろんな日本庭園の中でも、
出色のお庭だと感じました。
一番の特徴は、池の中に小島がいくつかあること。
まるで、瀬戸内海に浮かぶ島々を模したかのようでした。

その後は広島城へ。
原爆までは建物も残っていたのに、今や礎石や石垣を残すのみ。
でもそれらの石の構造物を見ると、17世紀・築城当時の技術の高さが伺われ、
興味深かったです。

天守閣と一部の門のみが復元されていて、
天守閣の中は4階建ての資料館に。
「安芸の刀工 正光」という特別展も見ることが出来ました。

夜は、予約していた小料理屋「はせべ」へ。
ここは、本当に美味しかった!上品な味付けで、器も盛り付けも繊細で芸術的。
お造りのわさびが、あまりに香が良くて甘いので、
余った分もそのまま少しずつ戴いてしまった位でした。

以下、お品書き---
豆腐のねぎみそ添え、野菜の炊き合わせ、時魚のお造り、さわら(ダンナは牡蠣)の野菜あんかけ、ホタテと赤かぶ ポン酢ジュレ添え、牛肉の炒め長葱添え、追加で鰤の竜田揚げ、フルーツ みりんジュレ添え---

1日の最後は、ドリミネーションを隅から隅まで鑑賞。
近くで見るのもいいけれど、道のむかい側から見るのも、全体像が分かるのでお勧めです。
[PR]

by cembalonko | 2014-12-29 10:56 | 日々のいろいろ | Comments(0)