ドラマチック・バロック!Vol.6 終了!

ドラマチック・バロック!Vol.6 ~イングランドからの風~
盛会のうちに終了いたしました!
ご来場くださった皆様方に、心より御礼申し上げます。
また、今回も多くのご支援を頂きました武蔵野合唱団の団員の皆様方、
スタッフの皆様方、そして撮影のボックリ博士、ありがとうございました。m(__)m

これまで6回やってきて、
今までで一番充実したプログラムだったのではないかと思います。
秋吉さんが「この曲が歌いたい!」といって探してきてくれた曲で、
私は原典資料を調べる係&オーケストラもののチェンバロ編曲など・・・
そんな役割分担で 今回は迎えました。

曲が終わるごとに、会場の皆様の拍手と
うっとりとため息のような空気が伝わってきて、
私たちも嬉しく、楽しく演奏できました。
・・・もちろん、あのプログラム、
弾くのでいっぱいいっぱいだったところはあるにしても、ですが・・・(^^;

いつまでたっても、成長する場を与えていただけることに、本当に感謝です。

では、ボックリ博士の撮影してくださった写真をどうぞ!
f0018790_11205739.jpg
前半はこんな感じ
f0018790_11220367.jpg
バロック調のヘアメイクすてき♪
f0018790_11395876.jpg
後半はこんな感じ。鳥のさえずりを歌った邦ちゃんは黄色でした🐓
f0018790_11235030.jpg
顔が緊張しとる
f0018790_11231204.jpg
皆様、ご来場ありがとうございました!
f0018790_11251015.jpg
書籍も販売しました~!
夫が1時間有給を取り、売り子要員として駆けつけてくれました。ありがとう!


===コンサートの記録===

ドラマチック・バロック!Vol.6 f0018790_23244662.jpg
~イングランドからの風~

●日時 2016年10月21日(金)19時開演
●会場 東京オペラシティ 近江楽堂
    (京王新線 初台駅から直結)
●出演 秋吉邦子(ソプラノ)渡邊温子(チェンバロ)
●演目 ヘンデル《エイシスとガラティア》より
    ヘンデル《快活の人、沈思の人、温和の人》より
    パーセル《妖精の女王》より
    ブル《ラムリー卿のパヴァーヌとガイヤルド》ほか




[PR]

by cembalonko | 2016-10-23 11:43 | コンサート報告 | Comments(0)