『古楽でめぐるヨーロッパの古都』公開講座 第4回終了!

本書を一章ずつじっくりと解説する公開講座@タニタ楽器
第4回「セビーリャ」が終了しました。
ご来場くださった皆様方、ありがとうございました!

今日ははじめに、
セビーリャにはモスクを改装して
教会として使用しているところが多かったことに触れ、
大聖堂やアルカサル(城館)などの画像を見ながら、
イスラム文化の名残りを探す、ということをしました。

後半は、ルネサンス時代の多声音楽(主にアカペラの声楽のみの曲)を
じっくりと。書籍に登場する曲では、
モラーレス《全地よ、神をtたたえよ》(p.122に掲載)と、
ゲレーロ《めでたし、この上なく聖なる処女(おとめ)よ》(p.126に掲載)を取り上げました。
f0018790_23355216.jpg
パウルス3世にひざまづくモラーレス(ミサ曲集1544年第2巻の表紙)

講座の後は、参加してくれた友人と北浦和のフレンチ
ビストロ アーブル・ド・パンへ。
 
f0018790_23451272.jpg

f0018790_23415174.jpg

一品一品、じっくり楽しめるゆっくりめペースで出てくる、素晴らしいお料理を堪能。
生徒さん方のレッスンに戻り、5時半までお仕事。
夜は、師匠・有田千代子先生のリサイタル、池袋・明日館へ。
ルッカースのオリジナル楽器を日本で聴けるなんて~!幸せ♪
そして千代子先生の演奏は相変わらず素晴らしくて、
脳天かち割られる衝撃・・・ 何やってるんだ私。もっと頑張らねば!←心の声
f0018790_23552563.jpg
調律され中のルッカース






[PR]

by cembalonko | 2016-10-28 00:08 | 音楽 | Comments(0)