『古楽でめぐるヨーロッパの古都』 朝日カルチャーセンター公開講座 終了!

10月31日は宗教改革記念日。そんな日に、
朝日カルチャーセンター新宿校にて、
北ドイツのルター派の教会音楽を中心とした公開講座をさせて頂きました。
ご参加くださった皆様方には、心より御礼申し上げます。

前半は、リューベックの街の地図をたどり、
街の中にある5つの主要教会の外部や内部、そしてオルガンの写真、
その他、音楽についての解説画像を見ながら、
ブクステフーデとトゥンダーのオルガン曲を聴きました。

後半は、ルターの生前に編纂されたコラール集(ドイツ語の讃美歌)について触れ、
トゥンダーとブクステフーデとバッハのカンタータを、
歌詞の解説とともに聴きました。
特に、ブクステフーデとバッハは、同じ題名のカンタータを比較することで、
北ドイツの教会音楽の特徴などを解説しました。
f0018790_22363336.jpg
1624年に出版されたコラール集より

90分は、いつものごとく、あっという間で、
音楽も写真もてんこ盛りな感じに。
でも何とか時間内に収まって良かった!(いや、ちょっとはみ出たな。)

受講者の方からリクエストがあった、とのことで、
来年4月以降に、同じく朝日カルチャーセンター新宿校で
続編をさせていただけそうです~ \(^o^)/
名だたる大先生方が講座を持っていらっしゃる
朝日カルチャーセンターですので、
気合を入れて、仕込みを頑張りました!
その甲斐があって、ホッとしました。
ここだけの話ですが、初めてパワーポイント使った~ 今頃になって…恥…(/ω\)

f0018790_22451645.jpg
終了後はこっそり一人打ち上げ。 海鮮丼 どーん!


==公開講座の記録==

朝日カルチャーセンター新宿校
『古楽でめぐるヨーロッパの古都』

J.S.バッハが若い頃に訪れた北ドイツの街、リューベック。
そこはオルガン音楽の巨匠ブクステフーデが活躍し、
クリスマスのコンサートシリーズ「夕べの音楽 Abendmusiken」で知られた街でした。
本講座では新刊書『古楽でめぐるヨーロッパの古都』の著者が、
昨年現地で取材した素材をもとに、リューベックの街の歴史と音楽活動のかかわりについて解説。
プロジェクタで映し出された風景を見ながら
音楽の実例を聴くことで、理解を深めていきます。

●日時 2016年10月31日(月)10:30-12:00 終了しました!
    新宿住友ビル10階&11階(10月より)
●受講料 会員 3024円 一般 3672円
●お申込み・お問合せ 朝日カルチャーセンター新宿校 Tel.03-3344-1945
   



[PR]

by cembalonko | 2016-11-01 22:57 | 音楽 | Comments(0)