中央大学混声合唱団 第53回定期演奏会 終了いたしました。

中央大学混声合唱団のJ.S.バッハ《ロ短調ミサ》終了いたしました。
合唱団の皆さん、OBOGの皆様、飯坂純マエストロ、ソリストの皆様方、
そして、舞台は真剣・楽屋はギャグのアレクテ室内管弦楽団の皆様、
今回も共演させていただき、ありがとうございました。

コンサートマスターの福井さん、ホルンの大貫さんが
打ち上げの時におっしゃっていたのと同じように、
私にとっても中大混声で「初めて」演奏した曲があったり、
多くの貴重な経験を積ませていただく場であったことを振り返っていました。

ソプラノソリストの黒沢さんがおっしゃっていたように、
学生さんにとってプロのオケと演奏できることは、確かに恵まれている事だと思う。
でも、学生さんとそんなに年齢が変わらなかった音楽家に
たくさんの経験を積む場を提供し、育ててくださる場であったということも、
忘れないでいてください。

長丁場の本番アドレナリンが切れた頃に、
ゴゴゴゴ・・・といろんな記憶が湧き上がってきてつらい・・・
写真は、合唱団&ご来場者さまからの贈り物と、
今回もマエストロから頂いてしまったお花です。
まだまだ足りないところ、努力しますので、これからもよろしくお願いいたします。
f0018790_00585868.jpg
f0018790_00584772.jpg

===コンサートの記録===

中央大学音楽研究会混声合唱団 
第53回定期演奏会

●日時 2016年12月18日(日)17:00開演
●会場 八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール
●チケット料金 全席指定 2500円
●演目 J.S.バッハ「ロ短調ミサ」
●出演 指揮/飯坂純 ソプラノI/石田亜希子 ソプラノII/黒澤明子 アルト/上杉清仁
    テノール/大久保憲 バス/大森いちえい オルガン/渡邊温子
    管弦楽/アレクテ室内管弦楽団
    合唱・主催/中央大学音楽研究会混声合唱団
●お申し込み・お問合せ 中央大学音楽研究会混声合唱団


[PR]

by cembalonko | 2016-12-20 00:52 | コンサート報告 | Comments(0)