風流楽ウィンターコンサート、終了いたしました。

心に灯りをともす 音楽と物語を あなたに…
風流楽(ふる~ら)ウィンターコンサート

2017年1月22日、風流楽ウィンターコンサート@アートルーム新紀元が終了いたしました。
ご来場いただきました皆様方に、心より御礼申し上げます。
また新紀元のスタッフの皆様、記録撮影のボックリ博士こと中村義政さん、
楽器運搬の北中運送・横川さんにも、大変お世話になり、ありがとうございました。
おかげさまで気持ちよく演じることができました。
(写真撮影:ボックリ博士)

f0018790_00152795.jpg
f0018790_00141756.jpg
f0018790_00135907.jpg
f0018790_00140997.jpg
f0018790_00143347.jpg
==アンケートより==
・最後の一枚の葉ー朗読と音楽で光景が次々にひろがって、どんどんお話と音楽に引き込まれました。O.ヘンリ―の世界へ旅してきたようで素晴らしいひとときでした。
・「最後の一枚の葉」最高でした。情景、心象風景などが目の前に見えました。
・いつもながら朗読と音楽の組み合わせが絶妙ですばらしいですね。
・朗読と音楽がとても良くマッチしていて話の感動が倍になった。
・チェンバロの音色がとても心地よく、私も弾いてみたくなりました。
・コレッリ バイオリンソナタ、いい曲ですね!
その他、多くのご感想をいただきました。ありがとうございました。

次回の公演は、5月20日(土)松本記念音楽迎賓館にて開催いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

===コンサートの記録===
心に灯りをともす 音楽と物語を あなたに…
風流楽(ふる~ら)ウィンターコンサート
●日時 2017年1月22日(日)14:00開演(13:30開場)
●会場 アートルーム 新紀元 (JR中央線 立川駅北口 徒歩1分)
●出演 野田香苗(朗読)渡邊温子(チェンバロ)ゲスト:生方真里(ヴァイオリン)
●曲目・演目
◆ 朗読と音楽 ◆
O・ヘンリー/作 「最後の一枚の葉」結城 浩/訳
Copyright(C)1999 by Hiroshi Yuki (結城浩)
◆ 音楽 ◆
A.コレッリ   ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ヘ長調 Op.5-10
F.フィオッコ  イギリス人、調和
D.スカルラッティ ソナタ ヘ長調 K.107 L.474
J.S.バッハ=グノー   アヴェ・マリア ほか
●メッセージ
風流楽(ふる~ら)は2007年にソプラノ、朗読・語り、チェンバロのユニットとして結成されました。
美しい日本語・穏やかな弦の響きのコラボレーションを追い求め、
これまでに39回の公演を重ねてまいりました。
代表作には「竹取物語」(再演5回)があり、
その他「散らない桜の木」「お釈迦さま」「ゲーテ詩集」「木を植えた男」など
朗読と音楽による作品を数多く生み出しました。
今回は、2013年に共演していただいたヴァイオリニスト生方真里さんを再びお招きし、
「最後の一枚の葉」を再演いたします。
また、ヴァイオリンとチェンバロによるバロック時代の名曲もたっぷりお聴きいただきます。

[PR]

by cembalonko | 2017-01-23 00:04 | コンサート報告 | Comments(0)