神戸市外国語大学 公開講座の記録

2017年1月7日に神戸市外国語大学で行われました公開講座
掲載許可をいただきましたので、こちらにも記録させていただきます。
f0018790_00423074.jpg
f0018790_00400336.jpg
f0018790_00401633.jpg
f0018790_00404152.jpg
f0018790_00503359.jpg
f0018790_00443200.jpg
f0018790_00413395.jpg
f0018790_00505206.jpg
f0018790_00421682.jpg

2017年1月7日(土曜)、三木記念会館において、「近代初期ヨーロッパの社会と音楽」の講演会と古楽器チェンバロの演奏会が行われました。講演会では、日本で最もチェンバロ製作実績のある工房の主宰者である久保田彰氏によるチェンバロの仕組み、様式の完成に至る歴史について説明がありました。引き続き、チェンバロ演奏者であり、古楽研究家でもある渡邊温子氏より、ルネサンス時代以降ヨーロッパの宮廷儀礼で盛んに用いられたチェンバロとチェンバロ音楽を通して見る近代初期のヨーロッパについての説明と、久保田彰工房製作のチェンバロによる演奏が行われました。ピアノの前身ともいえるチェンバロは、外観はピアノと似ていますが、爪で弦を弾く構造になっているため音色は異なっており、参加された方はチェンバロの独特かつ美しい音の響きと、絵画作品と見紛うような華麗な装飾に魅了されていました。(以上、神戸市外国語大学ホームページより
[PR]

by cembalonko | 2017-02-08 00:55 | 公開講座報告 | Comments(3)

Commented by k.n.in Kobe at 2017-02-10 10:54 x
神戸外大でのレクチャー・コンサートの記事、アップしていただき有難うございました。関東での知名度が低いので、このような形でmention していただくと大変助かります。また是非来神下さい。
Commented at 2017-02-10 10:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cembalonko at 2017-02-17 14:30
コメントありがとうございました!とてもいい経験をさせて頂き、感謝いたします。k.n.さんにプロフェッショナルな仕事と言っていただけたことも嬉しかったんですけれどね。お互いに年齢を重ねましたが、これからも邁進していきましょう。