バロックランチの会♪ 2017年2月の巻♪

2月15日、今年2回目のバロックランチ会を開催しました。
・・・もうね、この会の珍語録で一冊本が書けそうなほど、
毎回、大笑いする会なのです。

みんなでランチをしてバロック音楽を演奏するという会なので、
今回のメニューはオニオングラタンスープ。(←私がスープ係)
そしてメンバーの皆さんは毎回、美味しいパンを買ってきてくださいます。
一昨日は、我らがパン部の部長・ヴァイオリンの岡田邦子ちゃんが
3時間半もかけて焼いた(!)という、お手製のクロワッサンも!
むっちゃ美味しかった~!

さて、肝心の演奏曲目は、
テレマン作曲《ターフェルムジーク第2番》のカルテットと、
ファッシュ作曲の《管弦楽組曲ヘ長調》でした~\(^o^)/楽しかった~!


・・・え?今日の珍語録?


「テレマンは意外とクールファイブだった」



合いの手のバックコーラス感・・・
昭和なあなたならわかるはず・・・
上の曲の第2楽章を聴いたら、きっと笑えること間違いなし!

こんなに楽しい、
でもちょっとだけ18世紀の音楽についてもお勉強しちゃう
バロックランチ主催イベント(公開講座)が、
5月28日(日)のお昼間、要町の古楽研究会Space1Fにて行われます。
テーマは、バッハの宮廷音楽。
バッハが住んでいた街の様子、
そしてなんと!バッハが食べていた料理にフォーカスするという、
耳も目も舌も楽しんでいただける企画を、
音食紀行の遠藤雅司さんとコラボさせていただきます。
ご興味のある方は、続報をお待ちください!

f0018790_13274025.jpg
チェンバロの色にマッチしているフルート鈴木真紀子さん♪
f0018790_13282080.jpg
岡田邦子さんお手製クロワッサン!
f0018790_13283577.jpg
コォァッスン(フランス語?)からパワーを頂く私たち・・・アヤシイ・・・
(以上、写真提供は多湖あかねさん、岡田邦子さん)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

バロックランチの会とは・・・

チェンバロの渡邊が、
初めは大学の同級生のヴァイオリニスト・生方真里さんと、
私が集めた膨大な室内楽の楽譜を弾いてみる、ということから始まりました。
数年後に高校からの同級生のヴィオラ奏者・芦川侑美さんが加わり、
トリオソナタもできるようになりました。
2年前から、いままで共演したことのある演奏家の皆さんが加わり
(岡田邦子さんVn,五十嵐彩子さんVn,鈴木真紀子さんFl,宮田麻沙代さんOb,多湖あかねさんVc,)
私を入れて総勢8名となりまして、
コンチェルトや管弦楽組曲なども演奏できるようになりました。
一見、普通の女子会なのですが、ランチとおしゃべりをした後に、
なかなか演奏することのない17・18世紀のレパートリーを、
実際に音を出しながら勉強させていただけるという、
貴重な機会になっています。ちょっとマジメ。


[PR]

by cembalonko | 2017-02-17 14:20 | 音楽 | Comments(0)