演奏会のご案内

きもの一蔵 文化交流会
サロンコンサート2006

優美と情熱に煌めく響き 
「チェンバロ音楽の華麗なる癒し」

日時 2006年8月23日(水)
    1回目 14:00~16:00 2回目 18:30~20:30
場所 一蔵銀座本店ショールーム (有楽町マリオン14F)
会費 2900円 (当日現金にてお支払いください)

完全予約制 / 各回30名様限定
ご予約電話 03-5293-7566(一蔵)

演奏 渡邊温子

プログラム ~モーツァルト・バッハを中心に~
<モーツァルト>
幻想曲ニ短調 K.397、トルコ行進曲 K.331
クラヴィーア・シュトゥック K.33B、メヌエットとトリオ K.1
<バッハ>
平均律クラヴィーア曲集
イタリア協奏曲
<ラモー>
優しい訴え(恋の嘆き)、ミューズたちの語らい  他

※ 今年オープンした着物店のショールームです。
音響も雰囲気も、チェンバロを聴くには申し分のない
ゴージャスなフローリングのスペースだそうです。
使用するチェンバロには、なんと、
黒地に金彩で、日本風の絵が描かれています。蒔絵のよう!
一見の価値あり!!!
それと・・・
モーツァルトの作品を、チェンバロで聴ける機会も、
そうそうあるものではないですよ!
実は、モーツァルトの子供時代には、
まだピアノよりもチェンバロの方が、
鍵盤楽器のスタンダードだったのです。
楽しいトークも用意して、お待ちしてます♪
[PR]

by cembalonko | 2006-07-29 00:38 | 音楽 | Comments(3)

Commented by さいとう at 2006-07-29 10:06 x
ん~、行きたい・・・。演奏はもちろんですが、楽しいトークを聞いてみたいです。
それにしても1回につき2時間・・・ハードですね。
ボクらは大抵1回30分~40分ですから。
30分程度で「疲れた~」とか言ってちゃダメですね。頑張ろっと(笑)。
Commented by MIAU at 2006-07-29 22:25 x
おぉぉっ!蒔絵(風?)チェンバロですかっ!そりゃ是非見たいものです。もちろん、ビケ♪さんは十二単、そこまでいかなくても、少なくとも振り袖でお弾きになるのですよね?
髪は勿論日本髪!顔は白塗りばっちしで。
昨晩から片頭痛に悩まされています~。頭痛のない身体に生まれ変わりたい・・・。折角クーラーとパソコンが同時に到着してウキウキなはずなのに・・・。にしても、XPはキライだっ~!
Commented by cembalonko at 2006-07-30 23:09
>さいとうさん
うーん、いつか、Kitaraで弾きたいですねー。私の夢です。
時間設定は、おそらく、着物屋さんのコメントなども入るので、
実質は1時間45分くらいと思われます。
演奏は、始まっちゃうとあっという間に終わりますけど、
演奏が終わって、しばらくして我に返ると、かなり消耗してますね。
一人舞台だと、気楽ですが、気は張りつめてます。
でも、自分も楽しめればって思ってがんばります。

>MIAUさま
それも考えたんだけどねー。
着物屋さんなんだし、着物提供してくれれば!ついでにメークも!
(実際は、着物の袖が触れただけで鍵盤鳴っちゃうでしょうね)
頭痛、大丈夫?あ、クーラー来たんだー!よかったね。
PCの方、セッティングが大変そうね。
旅行から帰ってきてからになるのかな?
ゆっくりがんばってね。