突然ですが、伊香保温泉旅行記(その1)

2006年7月29日から30日、
土日で一泊、伊香保温泉に行きました。

土曜の朝、赤羽駅から高崎線で高崎まで行き、
そこからバスで、まずは榛名湖へ向かう予定にしていました。
が、籠原まで来たところで、
その先の本庄の踏み切りで、クレーン車が架線に引っ掛かり、
高崎線ストップ。クレーン車のバカぁ~~~
JRの粋な計らいで、一駅戻って、新幹線で振り替え輸送となる。
新幹線にタダ乗り出来たのはまあ、いいとして、
遊ぶ時間が減ることにイライラし、
新幹線ホームで、お菓子ヤケ食い!(行動が子供です・・・)
結局、予定より1時間半以上遅れて、高崎に到着。

榛名湖行きのバスまで、待ち時間は20分。
とにかく、お昼を先に食べてしまおうと、
バスターミナルの真前にあるラーメン屋さん「やまちゃん」に入る。
目の前のカウンターに、
「始めにラーメンとスープの本来のおいしさを味わうように」と、書いてあった。
確かに、具が別に出てきたのでした。書いてあった通りにしてみて正解!
急いで食べるのがもったいない程、おいしかったでした。

午後1時ごろ、榛名湖到着。
湖畔のお土産やさんに、荷物を預かってもらい、
榛名富士ロープウェーの乗り場に向かって、湖沿いを散歩。
茂みに咲く、背の高い、薄緑のユリがきれい。
湿原の葦も緑鮮やか。
ロープウェーで山頂に着くと、標高1391mなので、
湖畔よりさらに涼しい。
ちなみに湖畔もすでに1080mで、東京よりもかなり涼しかったのですが。
高山植物の花壇に、赤とんぼや、
メタリックなダークブルーに光るアゲハチョウの一種などが舞う。
こういう夏休みチックな昆虫を見るのも、久しぶりだわー

少し歩くと、鳥居がある。神社なのだが、
自然の美しさには場違いな、赤と白のコンクリート製。

さて、山頂からの帰りは、山道を徒歩で下りてくることにしたのだが、
これがまた・・・
(つづく)
[PR]

by cembalonko | 2006-07-29 22:45 | | Comments(0)