銃撃された!?

パンっっ!

・・・  んじゃらんじゃら~~  ・・・


はい、ここで問題です。
コレは何の音でしょう?



正解は、チェンバロの弦が切れたときの音。
ちなみに、最初の「パンっっ!」は、
切れた勢いで弦が響板に当たる音、
その次の「んじゃらんじゃら~~」は、
切れた弦が隣近所の弦を撫で回しつつ丸まっていく音です。
怖い音なのよ~ホラー映画の効果音みたいで。特に夜中とか。


うちの「お椀ちゃん」は、普通はめったに切れないはずの、
低い音域の太い弦に、よく切れる癖があるようなのです。
今までの経験では、弾いている最中に弦が切れたことはなく、
たいてい、しーんとした部屋に突然
銃で撃たれたような音が響いて、
いつも、心臓が止まるかと思うほど、びっくりするんです。

で、その後は、落胆・・・    どよ~ん・・・
だって、新しい弦を張るのに、時間かかるし、
音程が安定するまで、一週間くらいはかかるし。
本番前に限って、よく切れる。
ついでに、プレクトルム(弦をはじく爪)も、よく折れる。


なんか一気に疲れてしまった・・・
私も、んじゃらんじゃら~~、と、丸まりたい気分。
[PR]

by cembalonko | 2006-08-21 21:14 | 日々のいろいろ | Comments(4)

Commented by さいとう at 2006-08-21 23:26 x
こわ~!想像しただけで怖いですねぇ。

ギターの場合は、大抵は演奏中に切れます。
「痛っ」という感じです。

いずれにしろ、「弦交換」は面倒な作業ですよねぇ。
お察ししますぅ。
Commented by ビケ♪ at 2006-08-22 09:41 x
書き込みありがとうございます!
演奏中に切れそうな気がしますよね、普通に考えると。
ギターの弦、演奏中に切れた場合、怪我とかしないですか?
そうそう、以前、さび止め(?)コーティングしてある弦の使用報告など、
興味深く読ませていただきましたよ!
Commented by さいとう at 2006-08-23 02:32 x
たった今、Kojing Revueのリハから帰ってきました。
ふぅ~、疲れた~。アコギもエレキも使うので荷物が多くて大変っす。

えとですね、演奏中に切れても、「痛っ」程度で、怪我するほどではないです。
そんなにテンションかかってないですから(特にエレキは細いです)、「ぶつっ」という感じで。
スティール弦の場合は、ソロ弾いてる最中に一番細い弦がチョーキングした途端に切れる、というパターンが多いですね。
ナイロン弦は、まず切れません。やたらと伸びますんで。
ナイロンは、チョーキングしても音程があんまり変わんないくらい伸びます。

さび止めコーティング弦ですが、エレキはもう張り替えちゃったのでさびさびですけど(今日もチューニング合わなくて苦労したです)、アコギの方に張ってあるやつはコーティング効果ばっちり!
これはかなりイケまっせ。
・・・って、オススメしてどーする(笑)。
Commented by ビケ♪ at 2006-08-24 00:27 x
そうですか~。チェンバロの弦は、直接指に触れないけれど、
埃たまったりすると、そこに水分を含んでさびることもあるらしいです。
だから、コーティングしてある方が、きっと長持ちしますよね。
実際、そんなのないですが・・・音に影響するかな?
もうすぐライブですねー。頑張ってくださいね!