元気をもらった♪

今日は、日曜日に共演するアマチュア合唱団の方と、リハーサルでした。
今朝も、熱はなかったけれど、体の節々が痛っ! 
(○のせい、って言わないで 涙;;)
それでも、家で少しさらってから、いざ、目白の某所へGO!

初めてお目にかかる、指揮者と団員の皆さん。
初めて一緒に音を出した瞬間、
私は、忘れていた、大切なものを思い出しました。
音楽は、技術じゃないんだ、ってこと。
心から、音楽を楽しんで演奏する心。
指揮から多少遅れてしまったって、
決して臆さずに、
思い切り自分の思い描く「モーツァルト」を歌おうという心意気に、
私の停滞していた気持ちも体調も、後押しされたんですね。

今日のリハーサルをさせていただいただけでも、
このお仕事、請けてよかった、と思いました。



ワーグナー似の風邪薬よりも、心に効いたかも。今日の練習。
[PR]

by cembalonko | 2006-10-10 23:18 | 音楽 | Comments(2)

Commented by さいとう at 2006-10-11 14:06 x
やはりプレイヤーにとって一番のクスリは、演奏して刺激を得ることなのだなぁ、と思うです。

ナマイキ言ってすんません・・・
Commented by ビケ♪ at 2006-10-12 00:47 x
そのとおりですね。
私たちプロには、音楽を表現する技術がなくてはいけませんが、
ときどき、そこばかりにフォーカスしてしまっている時が
あるような気がします。
そういう時は、誰かと一緒に音楽するのが、
本当にいい「薬」になるように思います。