実家のチェンバロ

5月12日・青梅市立美術館でのコンサートに使う予定の
実家のチェンバロを、
メンテナンスしてもらいました。

いつもお世話になっているSさんに調整していただくと、
本当に、弾いていて気持ち良くなる音色に仕上がり、
いい演奏をしよう!というパワーが沸いてきます。

メンテの間は、油絵を描く母が集めた画集をあさったり、
自分の持っていった調べ物の資料を読んだり、
実家にあるチェンバロのCDを聴いてみたり。

メンテが終わった後は、
Sさんに、調律の安定のさせ方とか、
プレクトルム(弦をはじく爪)の削り方のコツなどの
「企業秘密」を、教えていただいちゃいました。
まあ、伺ったところで、実際どの程度まで出来るかは、? ですが。
(どうあがいたって、Sさんレベルにはならないことは確か)

夕食も実家でご馳走になり、
食後、にわか指圧師に変身!
母にちょっとだけ、指圧をしてあげました。
充実した一日♪

さて、そろそろエンジンをかけなおさなければ。
[PR]

by cembalonko | 2007-04-12 01:06 | 日々のいろいろ | Comments(0)