舞姫コンサート@水月ホテル

今日は、森鴎外が舞姫を書いた住居がそのまま残っている、
上野の水月ホテルへ、
フルートとハープのコンサートを聴きに行きました。

・・・実の目的は、偵察・・・(謎)

宮大工が、釘を一本も使わずに建てた、純日本建築。
お庭に面した窓の前に、屏風が立てられ、
畳の上に、緋毛氈を敷いた舞台がしつらえられていました。
120年の歴史があり、なおかつ、文豪ゆかりの部屋で、
演奏者を間近で見ながらのコンサート、
とても贅沢な空間でした。

一緒に行ったダンナは、「プログラム、全部知ってる曲~♪」って、
喜んでいました。
やはり、耳慣れた曲が、嬉しいのでしょうね。よかったよかった。
[PR]

by cembalonko | 2007-05-03 23:12 | 日々のいろいろ | Comments(6)

Commented by mumbling-miau at 2007-05-03 23:57
ご主人と一緒にコンサート、羨ましいッス!うちは私が付き合うことはあっても、向こうがこっちの趣味に付き合うことなんて一切ないですもん(笑)。
それはさておき、そのホテル見てみたい!素敵なんでしょうね~。非毛氈(←何でこんなのが出るのぉ?)じゃなくて、緋毛氈、音吸っちゃったりしないのかしらん。
Commented by ビケ♪ at 2007-05-04 01:53 x
かなりデッドだったけれど、さすが、専属の奏者だけあり、
その空間に合った響きを作っていたところは、感心しました。
えー、偵察に行ってきたと言うことはですねー・・・
ホテルを見るついでに、わたいも・・・っていう機会があるような、ないような・・・
Commented by mumbling-miau at 2007-05-04 19:04
>わたいも・・・っていう機会
そ~そ~、だから音響のこと気になったんです。


ホテルだから・・・結婚式でしょ?(違っ!)
Commented by ビケ♪ at 2007-05-04 23:11 x
私は付け合せのパセリなので、大丈夫なんです。(意味不明・・・)
というか、演奏者は本当に目の前で演奏するので、
響きが合ってもなくても同じな感じ、かな。

結婚式・・・って誰の???
Commented by MIAU at 2007-05-05 08:03 x
いや、ビケ♪さんと冥王星人との(笑)。
Commented by ビケ♪ at 2007-05-05 22:10 x
触手用の手袋ってあるのかなぁ。
それよりも、指輪交換が腕輪交換になっちゃうじゃん。