なんだかね・・・

巷では(←オーストリアの、っていう形容詞つきで)、
この週末、モーツァルトの生誕250周年のニュースやイベントが、
目白押しだったことでしょう。
私も、ニュースで、モーツァルトの自筆譜が写ったところでは、
テレビに10センチまで近づいて、その筆跡を眺めました。


モーツァルトの次に取り上げて欲しいニュース、私的には、
巷のサラリーマンの「やりたいことが分からない症候群」。


毎日帰りは午前様。子供とも妻とも、ろくに話をする時間もなく、
下手すれば、顔を見ることも出来ない生活。
それで、週末に「何かをしよう」という気力が残っているわけがない。
本人は、それでは何のために生きているのか分からない、
「やりたいことがない」ということにまた、
ひどく悩んだり落ち込んだりする訳です。

それを身近に見ている人は、
できるだけ自分の好きなことをさせてあげようと、
邪魔しないように、息を殺していることくらいしか出来ない
自分の非力を嘆く訳です。
マイナス思考の連鎖反応、悪循環。



あ。後味悪いですね・・・
そういうときは・・・思い切って、ふすま破ってみるとか。



・・・もっと後味悪いです・・・
よいこはまねをしないでね。。。
[PR]

by cembalonko | 2006-01-30 15:14 | 日々のいろいろ | Comments(5)

Commented by MIAU at 2006-01-31 14:48 x
にゃぁ~
  にゃぁ~
    にゃぁ~・・・・・
Commented by ビケ♪ at 2006-01-31 21:42 x
どうしたの~?
モンプチもって行こうか???
それとも、ぺディグリーチャム?(だっけ?)
Commented by ビケ♪ at 2006-02-01 00:16 x
そうじゃなかったよね、慰めてくれてありがと。
ウニャ~ゴロゴロ・・・
Commented by MIAU at 2006-02-01 08:14 x
そ~なの。
apathyじゃなくて、
empathyで
sympathyだったの。


・・・・・-pathy(療法、感情、苦痛、病気)を羅列して見ました。
なんちゃって備忘録だぁ!
ちなみに、BSEは "bovine spongiform encephalopathy"、対症療法は、"allopathy"って言うんですね。なるほど。
私自身に一番関係ありそうなのはpsychopathy、我々に関係しそうなのは(?)やっぱりtelepathy?

ということで、-pathy講座でした。
Commented by cembalonko at 2006-02-03 01:29
こういう備忘録なら、いつでも大歓迎です!
勉強になるわぁ。
ちょっと前に、-demicで終わる単語を集めたりしてましたが、
今では4つぐらいしか思い浮かびません・・・
ゲーム感覚で、しかも、役に立つ!(ちゃんと覚えればの話ですが)