よかった・・・

大変な状況になっていたらしい友人と、
午前中、電話で話した。
思いのほか、元気そうで、ひと安心。

彼女の身に何かがあったとしても、
いつも後から、私はそれを聞くのです。
私が彼女と同じ状況なら、ぴーぴー泣きながら
電話しまくっているかもしれないのに。
強いなぁ、しっかり地に足をつけて生きている・・・

はたから見たら、
友達甲斐がないように思われるかもしれないけれど、
私たちはこんな関係で、ずっといくのでしょう。
離れていても、年に数度しか声を聞かなくとも、
本当に繋がっている人とは、繋がり続けていられるもの。
[PR]

by cembalonko | 2007-09-01 02:15 | 日々のいろいろ | Comments(0)