自然教育園&東京都庭園美術館

午後、国立科学博物館付属自然教育園と、
東京都庭園美術館へ行ってきました。 最寄り駅 白金台駅または目黒駅

お天気は良かったですが、残暑が厳しく、蒸し暑かったです。
自然教育園は、未だに植生が変化しつつあるという、自然林。
いろんな種類の植物が、日光を求めて、日々、生存競争を続けているのです。
みんな、頑張るんだっ!
うっそうとした林の間を歩くと、
木々の葉が暑さを和らげてくれていることに気づきます。
江戸時代からの名巨木や、もみじからの木漏れ日などから、
緑の気をいっぱいに吸い込んで、気持ちが良かったです。
通りかかった池には、カメ・カメ・カメ・・・
まさか誰か、ミドリガメを捨てたりしてないでしょうねぇ?
ぜーったい、ダメですよ!生態系壊すからねっ!
人を見るとついてくるけど・・・ 餌やっちゃダメって書いてあるのに・・・誰かやってるにちがいない!これは。

f0018790_2145542.jpg
大蛇の松 大きい木にはなぜか、心惹かれてしまうのです

さて、アールデコの館・旧朝香宮邸の、庭園美術館では、
ロシアバレエの衣装・舞台デザインの展示がされていました。
比較的、地味な分野なのでは?と思ったのですが、
かなり混んでいました。
ちょっと個性的なファッションをした人、
やたら姿勢のいい細身の女性など・・・
私らのように美術館めぐりが趣味、っていう人の他、
舞台関係者や、服飾業界の人などにとっても、
見所の多い展示だったのでしょう。
とにかく、衣装のデザイン画が多かった。
ニューヨークの個人蔵のものが多く、そういうのは、
こういう機会にしか見られないのでしょうね。
私は、バルビエ作のニジンスキーをモチーフにした版画集が、お気に入り。
ロシア・バレエ界の巨星・ニジンスキーが、
この版画家に、どれだけ強いインスピレーションを与えたか。
動画では残っていない彼の舞踏の妖艶さが、写し出されていました。
ショップに、そのシリーズの絵はがきは売っていなかった~ (TT) 残念!

「庭園美術館」という割には、「庭園」はいまいちだったかな。
お庭が綺麗なところは、都内で他にもあると思いました・・・^^;

f0018790_21115232.jpg
池に映った秋の空 自然教育園にて 左上水中にはカメ
[PR]

by cembalonko | 2007-09-09 21:18 | 週末のお出かけ | Comments(0)