タブ譜が読めなくても・・・

昨日の日記を読んで、
あまりのフツーさに、噴き出してしまった。
どうしたんだろう、私・・・(笑)

======

先日、新宿の紀○国屋書店の音楽コーナーを、
初めて、覗いてみました。
銀座のヤマハなどとは、ひと味違ったセレクション。
ふーん、普通の書店の音楽コーナーは、こんななのかー
と、感心しながら見ていると、
なんと!アレクサンダーテクニックの本が何種類も並んでる!
そんなに関心を持たれていたのか~(驚)
(でも、こればかりは、文字を読んだだけでは分からないからね・・・)
そして、音楽ビジネスに関する書籍も充実。
片っ端から読みたかった。
そしたら、少しはお金持ちになれるハズ! (ムリムリ・・・ーー;)

しかーし、ミニチュアスコアのコーナーに、
バッハのスコアが、一冊もないことだけは、許しがたいっっ!
(探してたものがなかったので逆恨みしているだけです。真に受けないで下さい)

さて、クラシック以外の楽譜も何気なく眺めてみると、
少し前に興味を持ったイングヴェイの楽譜が見つかりました。
ハードロックのギタリストです。
開いてみると・・・音符の玉のところが、数字になっているよ~~
これじゃぁ、私は読めない。うぅぅ~~悔しい・・・

あ、そういえば、バッハはタブ譜、書けなかったんだっけ。
バッハの時代にも、リュートというギターみたいに指で弾く楽器のために、
タブ譜があったのです。
バッハは、無伴奏チェロ組曲第5番をリュート・ヴァージョンに編曲した時にも、
普通の譜面で書いたらしい。
・・・ムフフ、バッハとおそろいで良かった♪ (良くない?)
[PR]

by cembalonko | 2007-10-29 22:38 | 日々のいろいろ | Comments(2)

Commented by mumbling-miau at 2007-10-30 11:13
タブ譜はリバイバルですもんね~。
でも、数字付の玉を即弾けるビケ♪ちゃんのがスゴイと思うケド・・・(おいら、リアライズされてても弾けない・笑)。

ちなみに中国の楽譜は、こんな感じですよん。

1 3 3 3  3 4  5-
==== --
你的眉毛 湾 又 長

※湾は右だけ、長は略字なので、本当はどんな字かわかりましぇん。
学校教育ではこれが使われてたみたい(少なくとも2002年頃)。
読めもしないのに歌曲集を買ってきたおバカな私・・・。
Commented by cembalonko at 2007-10-30 22:58
どみみみみーふぁーそーぉー、ですかね?(短絡的)
あれ?MIAUちゃんの習ったのは、三味線じゃなかったっけ?胡弓?

数字付玉はリアライズされてると、かえってめんどいのよ。
だって好き勝手弾けないじゃない!?