クラリネットのコンサート

大学の同級生でクラリネット奏者の、
関根悠乎(せきねゆうこ)ちゃんのリサイタルへ。
下のお子さんはまだ3つで、
前日も、熱を出して夜中の3時にも起こされてしまったらしい。
子育て奮闘中に、こんなに素晴らしいリサイタルができるなんて・・・
脱帽デス。

もう、6~7年会っていなかったけれど、
本当に、変わりなかった彼女。でも、
会わなかった間に、お互いが潜り抜けてきた、
いろいろな出来事・経験を、
コンサートを聴きながら、
思い起こさずにいられなかった。

タイトルは、「祈り」。
前半はピアノ伴奏、後半は主にハープの伴奏。
メッセージ性の強いコンサートで、
後半やアンコールでは
本人による朗読や、自作の歌も披露され、
構成が良く考え抜かれた、感動的なステージでした。

感動的・・・ではあったけれど、彼女の言葉を聞くと、
あまりにそれが純粋で、正しすぎて、かえって私は
自分の弱さ、醜さ、汚さを見つめさせられてしまった。
「私は、あなたのように、素直にはなれない。」

・・・そんな経験が、あっても良いわね。
それでも、心が洗われた気分になるのだから。
[PR]

by cembalonko | 2007-11-10 13:30 | 音楽 | Comments(0)