レ・シュー29周年コンサートディナー

今日は、フレンチレストラン「レ・シュー」に行ってきました。
開店29周年(!)記念で、なんと!アコーディオンのライブが、3ステージ!
贅沢~!

演奏者は、達川葉子さん。
アコーディオンのライブは、初めてでしたが、
繊細なリズムと、ふいごの微妙な調節による柔らかい節回しで、
シャンソンの名曲が心に染みてきました。
後でお話を伺ったところ、歌詞の魅力で曲を選ばれるそうです。なるほど・・・
達川さんの品の良いお人柄が、トークにも表れていて、
アコーディオンと、それが奏でられる音楽への、深ーい愛情と、
縁があってこのレストランに集ってきた人たちと一緒に楽しもう、
という温かな気持ちが、伝わってきました。

隣に座っていたのは、京都からわざわざ夜行バスでいらしたという父娘。
たまたま私が、達川さんにアコーディオンについて質問をしたのを
聞いていらして、話しかけてくださいました。
大学生のお嬢さんと、ほろ酔い加減で上機嫌だったお父様。
お2人も、音楽がとてもお好きなご様子。
美味しいお料理と、心に染みる音楽と、楽しい会話と・・・
全てが揃った、忘れられない、素敵なディナーとなりました。

心地よい人の周りには、心地よい人が集まるのでしょうか・・・
レ・シューのシェフの、心のこもったお料理と
マダムの優しいまなざしは、
きっと30周年にも、多くの心温かなお客様を呼び寄せることでしょう。
良い夜に、感謝!
[PR]

by cembalonko | 2007-11-10 23:12 | 週末のお出かけ | Comments(0)