クラヴィコードってこんな楽器

f0018790_22364472.jpg
ジュラルミンケースから出したところです。

クラヴィコードとは、箱の中に張られた弦を、
楔形の金属片で突き上げて音を出す楽器なのです。

クラヴィコード用語集

今回お借りしたのは、「ゲブンデン」タイプ。
ピアノもチェンバロも、
鍵盤一つにつき、最低一本の弦が充てられていますが、
クラヴィコードの場合、複数の鍵盤が、一本の弦を共有することも多いのです。

そのため、隣り合った音同士を続けて弾く場合、
次の音を弾く前に、指が完全に鍵から離れていないと、
うまく発音されないのです。
タッチも、チェンバロの10倍くらい、繊細な気がしますし。

この楽器を、完全に弾きこなせるのはいつの日か・・・?
[PR]

by cembalonko | 2008-09-26 22:55 | 日々のいろいろ | Comments(0)