新宿芸術祭 終了!

f0018790_14324818.jpg

f0018790_14331858.jpg
撮影・ボックリ博士

史上初めての、ヘルマンハープとチェンバロのコラボ、
好評のうちに終了しました!

私の出番は20分ほどでしたが、
少ししか弾かない時の方が緊張するようです(汗;

最後、出演団体が合同で演奏する
「アメージンググレース」と「第9(Joyful)」は、
全員そろっての合わせが一度もないまま(!)、
当日まで、主催者の係の方が、伝令のように各楽屋を回って、
演奏の変更箇所などを伝え、それで、ちゃーんと形になったっていう・・・
(あ、バラしちゃだめだった?)

これだけ多くの個性的な団体、すべてをまとめられた財団のHさん、
本当に大変だったと思います。。。お疲れ様でした。
[PR]

by cembalonko | 2008-12-14 14:43 | 音楽 | Comments(7)

Commented by kgre at 2008-12-14 16:04 x
昨日はお疲れ様でした~
とても良い演奏会だったようですね。楽しみにしていたんですが、土曜夕方から会議になってしまい、間に合いませんでした。(._・)ノ ガクッ。。。
すみません。ヘルマンハープをネットで探して、おおよそのイメージをいたのに。ショックです。。。

先週日曜日はありがとうございました。ソプラノさんの素晴しい演奏に感動し、クリスマスや復活祭にも劣らないたくさんの方の来場で、大成功だったと思います。(補助椅子が出動したのはかなり稀なことだと思います)
これもcembalonkoさんの演奏会を聞かせていただくことができたからです。本当にありがとうございました。
「清らかな祈り」の合唱CDと楽譜をYさんからいただいたのですが、あらためてあの曲の美しさに興奮してます。
Commented by ボックリ博士 at 2008-12-14 16:05 x
お疲れ様でした。
ルーテル教会から15分ほど遅れましたが何とか到着、撮れました。
素敵なコラボでしたよ!

フィナーレの全員での第9はすばらしかったですね、
オルガンも入って贅沢に息もぴったりと合って、
合わせ無しとは思いもよりませんでした。
Commented by ビケ♪ at 2008-12-14 23:34 x
>kgreさん
メールにお返事できず、また、お約束のものもまだご用意していなくて、
申し訳ございません~!
クリスマスコンサート、盛会で良かったですね!
kgreさんの情熱の賜物!と、Yさんも
どこぞでおっしゃっていたような・・・
4月、頑張りますので、いろいろお世話になりますが、
よろしくお願いいたします!

>ボックリ博士
こちらこそ、博士のバイタリティーには脱帽です。。。
感謝感激です!さっそくお写真も沢山、ありがとうございました。
フィナーレはですね、正確に言うと、前日のリハの時には、
私たちのグループとオルガニスト、ソプラノ、ヴァイオリン1人と
金管五重奏だけで、一応合わせたのですが、
そこで打ち合わせたことから、当日になって変更事項があったのです。
伝える役割の方が、きちんと伝えて下さったからと、
メンバーが、合わせに慣れていたから、
何とかなったのではないかと思います。^^
Commented by k.n.in Kobe at 2008-12-23 00:23 x
 お元気で御活躍のようで何よりです。当方は数日前、「後期会計期間」に入りました。
 'Amazing Grace' も 'Joyful, joyful, we adore thee' も、もう大分遠くなったアメリカ留学の時期のことを思いださせます。全くきつくなかった留学生活だったわけではないですが、今よりは確実に「天が近い」環境の中で、 'Joyful, joyful, we adore thee' は、ごく自然に歌える曲でありました。クラシックではないですが、'Morning has broken'
というのも、聞くとよき思い出が浮かぶ曲です。
 日本の年末は「第九」ですが、英米ではこの時期は圧倒的に「メサイア」ですね(初演がイギリス国王の前であった、と読んだ記憶があります)。事情は大陸ヨーロッパの国々でも同じなのでしょうか。中学の頃の音楽の期末試験で「なぜ日本では年末に第九がはやるのか述べよ」と問われ、往生したことも思い出しました。
Commented by cembalonko at 2008-12-24 22:37
で、どうしてなんですかぁ? >第9
頭を柔軟に使わせるための出題だったのかもしれませんね。
Commented by k.n. in Kobe at 2008-12-25 00:37 x
どうしてなのか、それなりの説明あったような気もしたけれど、
覚えていません(どう回答したのかも、記憶になし)
わが母校の卒業生で、音大出身の非常勤の先生でした。
楽理(楽典、というのですか?)の基礎、なども教えて下さったのですが、
それをありがたいと思うのは、ようやく、これまた留学の時に
「(音楽)鑑賞」という授業を英語で聞いた時で、
日本語にすると、ああ、あの時に習ったことだ、という用語
(perfect fifth とか diminished fifthとか)が登場した折でした。

お世話になった方にフロインデリーブのシュトーレンを贈ったらいたく
喜ばれました。神戸に住む幸いを覚える瞬間です。

Commented by vazurbgn at 2010-01-08 15:09 x
j2khdc <a href="http://ralabwssafpi.com/">ralabwssafpi</a>, [url=http://mpewddssvspp.com/]mpewddssvspp[/url], [link=http://jfhxkwqlyndm.com/]jfhxkwqlyndm[/link], http://wcrvsjxntkzf.com/