師匠が送ってくれたCD

師匠、Glen Wilsonが、Naxosからまた、CDを出したようです。
先週送ってくれたので、今日、じっくり聴いてみました。

曲目は、William Byrdと並ぶ、イギリスのヴァージナリストの一人、
Giles Farnabyのチェンバロ曲全集です。
ジャケットは何と!アメリカから帰る直前に、
ラスベガスのWynnホテルのギャラリーで見た、
最も新しくフェルメールの「真作」と鑑定された
「ヴァージナルを弾く若い女」!
なんか、運命を感じるわー

師匠に御礼とともに、感想を書いて送ってあげたい。
でも、ぜんぜん言葉に出来ないの。
わー、とか、うっ、とか、うげー、とかになっちゃう。すごすぎる。
奇抜なことは何一つしないで、あれだけのエネルギーと、
心にダイレクトに「音の並びの秩序の力」を伝える演奏。
どうやったら出来るんだろう~~
(って、それを散々習ったはずなんですがね)

やっぱり、私には、誰の演奏よりも、ずーっと凄みがあるように聴こえる。

それにしても。
この強烈なインパクトは、作品の力を、
彼のパフォーマンスによって、最大限に引き出しているからだろうな。
ファンタジー(曲種)ばっかりなんて、普通、渋いと思うでしょ?
それが、ホントにpyrotechnicalなんだから!

CDの音楽で、久しぶりに、パワーをいっぱいもらいました。
オリンピックとどっちが?っていうほど。
でも~伝えられないだろーなー・・・どうしよう・・・

f0018790_23262551.jpg

[PR]

by cembalonko | 2006-02-27 23:29 | 音楽 | Comments(4)

Commented by よこよこ at 2006-02-28 15:26 x
お懐かしや、師匠は御元気でいらっしゃるのですね。
ここのとこ、全く連絡しておらず…。よろしくお伝えください、
って自分で言えばいいんですかね(汗)。
その演奏聴いてみたいです。
Commented by ビケ♪ at 2006-02-28 22:17 x
よこよこさんのとこには、来てないんですか!?
「Atsukoのところには来てるのに、私のところに送らないなんて、
そんなの、unacceptable!」って言ってやってください!
ドイツから送られるよりも、お貸しした方が早そうなら、
どこかでお会いできますかしら・・・?
拙宅の方にもぜひ、遊びにいらしてくださいませ!
Commented by saskia1217 at 2006-03-02 01:08
うんうん、↑そう言った方がいいと思うよ〜。それはそうと、お二人に予定を合わせていただいて、近いうちにsaskiaのカエル屋敷にお越し下さい。(ってず〜っと思ってたんですが、なんだかバタバタしていてお声かけそびれてました・・懺)ファーナビーを聴く会、しますか?またメイルします!
Commented by ビケ♪ at 2006-03-03 23:25 x
お誘いありがとうございます!うわさのカエル屋敷、楽しみです♪
このプログのスキンを見てお分かりのとおり、私も緑色は
大好きなのです~~~!